ブライダルネットの年齢層は高め?会員情報・男女比等徹底調査!

ブライダルネットは結婚真剣度は高いらしいけど、おじさん、おばさんばかりじゃないの?」

実は陰でこんな噂も聞かれます。

婚活マッチングアプリは、それぞれ年齢層が微妙に異なります。中心となっているのは、いわゆる「結婚適齢期」と呼ばれる20代半ば~30代前半ですが、その中でも20代が多いアプリもあれば、40代が最多のアプリもあるのです。

そんな中、ブライダルネットは「年齢層が高め」という評判がありますが、特に40代以上が多いというわけではありません。ただ、男女とも30代が中心であることと、アラフォー世代の男性が比較的多いこともあって、婚活マッチングアプリとしては少し上かな、という印象は受けます。

実際、どのあたりの年代のユーザーが多いのか、また男女比はどうなっているのか、などについてまとめてみました!

ブライダルネットロゴ
↑料金が最も安いブラウザ版↑

ブライダルネットの会員数と男女比

まずは、ブライダルネットの会員数と男女比から見ていきましょう。

総会員数はおよそ31万人!

ブライダルネットの会員数と男女比

ブライダルネットに登録がある会員数を調べてみたところ、以下のようになりました。

男性141,218人
女性174,338人
合計315,556人

※当編集部調べ(2019年7月22日時点)

合計約31万人です。さまざまな媒体に広告を出している婚活マッチングアプリに比べると、特別多いとはいえません。ただし、ブライダルネットは「会員の質の高さ」に定評のあるアプリですので、いわば「少数精鋭」のようなところはありそうです。

現在進行形で婚活している「アクティブ会員」の数もご紹介したかったのですが、ブライダルネットには「最終ログインの日時」で検索する機能がないため、残念ながら調べることができませんでした。

男女比はおよそ「4:6」で女性が多い!

婚活アプリの男女比比較グラフ

ブライダルネットで特徴的なのが、男女比です。

パーセント比に直すと「44.752:55.248」で、およそ「4:6」となります。女性のほうが男性より多い婚活マッチングアプリは、かなり珍しいです。

ただし、結婚相談所を考えますと、女性のほうが多いところはいくらでもあります。ブライダルネットは、結婚相談所「IBJメンバーズ」で有名な「株式会社IBJ」が運営するアプリですので、そうした背景も関係しているのかもしれませんね。

イケメン、美人の割合はこちら↓

ブライダルネットのイケメンや美人会員の割合を独自調査! ブライダルネットのイケメンや美人会員の割合を独自調査!

ブライダルネット会員の年齢層は30代前半が最多!

ブライダルネット会員の年齢層は30代前半が最多!

次に、会員の年齢層を調べてみました。

ブライダルネットは20歳から登録可能となっているため、10代の会員はいません。

年代男性女性
20~244,002人4,193人
25~2921,057人36,771人
30~3437,890人58,157人
35~3931,446人32,227人
40~4421,100人14,667人
45~4912,926人6,592人
50歳以上8,203人3,698人

※当編集部調べ(2019年7月22日時点)

リサーチの結果、男女とも30代前半が最多であることがわかります。特に女性は、ほかの年代と比べて突出して多いです。

ただ、2番目と3番目は男女で異なっています。

人数順男性女性
1位30~34歳30~34歳
2位35~39歳25~29歳
3位40~44歳35~39歳

このように、1位は男女とも同じですが、男性は2位が30代後半、3位が40代前半となっていることから、他の婚活マッチングアプリに比べて20代が少なめといえます。

一方、女性は20代後半の層もある程度いますので、「20代の女性と結婚したい!」という男性にもチャンスは十分ありそうです。

ブライダルネットは男性会員の年収が高い!?

ブライダルネットの男性会員の年収割合

会員の属性でいうと、ブライダルネットは「高年収の男性が比較的多い」ことでも知られています。

アッパー層向けマッチングアプリ「東カレデート」のように、飛びぬけて高年収の男性が多いというわけではありませんが、「結婚相談所にいるレベルの男性が多い」ことは間違いなさそうです。

実際に、男性会員の数を年収別に調べてみました。

300万円未満6,399人
300万円~400万円18,391人
400万円~500万円26,250人
500万円~600万円26,591人
600万円~700万円14,534人
700万円~800万円8,283人
800万円~900万円4,466人
900万円~1,000万円2,598人
1,000万円~1,500万円4,371人
1,500万円以上1,297人

※当編集部調べ(2019年7月22日時点)

もっとも多いのは「400万円~600万円」ですが、それ以上の層にも一定の人数がいることがわかります。1,000万円超えが5,000人以上いるのは、他の婚活マッチングアプリと比較してもかなり多いほうです。

ブライダルネットの男性会員の年収が安定している理由としては、「有職者しか登録できない」ことと、「男性の年齢層がやや高め」であることが考えられます。ブライダルネットでは、男性は定職に就いていることが入会の条件となっており、学生・フリーター・アルバイトの方はNGとされています。

また、ブライダルネットの運営会社が、結婚相談所で有名な「株式会社IBJ」であることも、会員の質の高さにつながっている可能性があるでしょう。

ブライダルネットの離婚歴がある会員

ブライダルネットの離婚歴がある会員

最後に、ブライダルネットにいる「バツあり」の会員数を調べてみました。

男性女性
再婚(バツイチ)14,298人13,184人
再再婚以上
(バツ2以上)
483人332人
子供あり(同居)692人2,467人
子供あり(別居)3,024人590人

※当編集部調べ(2019年7月22日時点)

男女を問わず、バツイチの人が結構多いことがわかります。会員の総数から計算すると、男性会員の約10%、女性会員の約7.5%がバツイチです。

ですから、ブライダルネットは「再婚希望者にもまずまず使える婚活マッチングアプリ」といえると思います。

子供のいる人は6,000人以上で、特に女性は同居、男性は別居している人が多いです。ただし、たとえば「ゼクシィ縁結び」には約18,000人、「youbride」には約45,000人も子供のいる人がいますので(当編集部調べ)、それに比べるとブライダルネットは少ないほうだといえます。

ブライダルネット会員の特徴まとめ

ブライダルネットの会員の特徴をまとめてみました。

まとめ
  • 男女合わせて約31万人
  • 男女比は「4:6」で女性のほうが多い
  • 男女とも「30代前半」が最多。男性はアラフォーも多い。
  • 男性の平均年収はやや高め
  • バツイチはある程度いるが、子供のいる人は少なめ

会員の結婚真剣度が高いこともブライダルネットの特徴ですので、「アラサー以上で、結婚を真剣に考えている男女」であれば、基本的にはどの人にも向いていると思われます。

また、男女比が「4:6」であることから、「他の婚活マッチングアプリではうまくいかなかった男性」には特におすすめです!

ブライダルネットロゴ
↑料金が最も安いブラウザ版↑