ブライトマッチってどんなマッチングアプリ?高学歴男女限定!待つだけデート

SHARE

ブライトマッチは、高学歴男女のためのマッチングアプリ(Facebookアプリ)です。

つまり、「高学歴の人と出会いたい低学歴の人」ではなく、「自分と同じ知的レベルの相手と出会いたい高学歴の人」が対象となっています。今までありそうでなかった、ニッチなマッチングサービスです。

この記事では、そんなブライトマッチのシステムや審査基準、料金体系などの基本情報について、余すところなくお伝えしていきます!

ブライトマッチの5つの特徴:「高学歴同士」の出会いに特化したマッチングアプリ!

ブライトマッチが、他の一般的なマッチングアプリと違うのは、主に以下の5点です。

①男女とも高学歴。男性は9割が難関大学卒!

ブライトマッチ最大の特徴は、男女とも高学歴であること。

公式サイトの説明によると、「男女とも旧帝大早慶等の一流大卒」が条件となっています。特に男性会員は、9割が「東大・京大・一橋大・早慶」の出身とのことです。

※画像引用元:ブライトマッチ公式サイト

男性の出身大学で一番多いのが東大となっていることからも、レベルの高さがうかがえますね。

② 「いいね」は不要!毎月紹介を待つだけ

ブライトマッチでは、他のアプリのように「いいね」を送る必要はありません。登録したら、あとは自動的にお相手が紹介されるのを待つだけです。紹介された相手を気に入れば、マッチング成立となります。

ブライトマッチでの紹介基準は、以下の3つです。

  • Facebookの友達以外
  • 勤務先の会社に勤める人以外
  • 男性の年齢が、女性の年齢の-2~+5歳(目安)

たとえば30歳の男性の場合、28~35歳の女性が紹介されるということですね。

ちなみに、ブライトマッチの会員の年齢は、男性が24~45歳、女性が22~39歳となっています。

③ Facebookアカウント必須!友達はマッチングしないから安心

ブライトマッチの利用には、Facebookアカウントが必要です。

そもそもブライトマッチは、Google PlayやApp Storeからダウンロードできる一般的なアプリではなく、Facebook上で提供されている「Facebookアプリ」の1つです。審査にもFacebookアカウントの情報が利用されます。

Facebookの情報を利用することで、「Facebookの友達とはマッチングしない」という大きなメリットがあります。また、会社名を登録しておけば、同じ会社の人とのマッチングも避けることが可能です。

④ デートを前提とした出会いだから、効率的!

一般的なマッチングアプリの場合、マッチング後に何通かメッセージを交換して、デートの約束を取り付けますが、これに苦労する方も多いのではないでしょうか?

一方、ブライトマッチでは「デート候補エリア」を選択しないと、メッセージのやりとりができません。つまり、最初からデートすることを前提にお話ができます。

「実際に会う気のある人とだけ出会いたい」という方や、「デートの話を切り出すのが苦手…」という方にも安心です。

⑤現在は首都圏のみ。今後は関西にも展開予定!

ブライトマッチは、対象となる層がかなり限定されているためか、現在は首都圏のみのサービスとなっています(2020年2月現在)。

正確には、マッチング後に選択する「デート候補エリア」が都内に限られているため、遠方の人には向いていないのです。

今後は、関西エリアにもサービスが拡大される予定となっていますが、地方在住の方が利用するのは難しいかもしれません。

ブライトマッチの審査基準|対象大学は?上智はダメ?顔は関係ある?

ブライトマッチは審査制のマッチングサービスですので、利用するためにはまず審査に通る必要があります。

どれくらい厳しい審査なのか、気になる情報をまとめてみました。

ブライトマッチの対象大学はどこ?

ブライトマッチでは、対象大学の一覧が公開されています。

※画像引用元:ブライトマッチ公式サイト

男性のほうが女性よりも厳しく、全国の国立大学、および早慶やMARCHのみとなっています。

女性はもう少し対象が広いものの、やはり名だたる大学が並んでいます。ちなみに「上智大学」が入っていないことに驚かれる方も多いと思いますが、上のほうでご紹介した「会員の出身大学」のグラフを見ますと、女性会員の6%が上智卒となっています。ですから、一覧に名前のない大学でも、実際には審査に通る可能性はありそうです。

顔は重視される?モデルなら登録OK?

マッチングアプリの中には、学歴や収入に加えて、容姿も厳しく審査されるものがあります。

しかし、ブライトマッチの場合、外見は重視されない可能性が高いと思われます。というのも、ブライトマッチでは紹介を受ける時に、お相手の顔写真が公開されないからです。

つまり、実際に会ったり、お互いに写真を送り合ったりするまでは、マッチングしたお相手の顔がまったく分かりません。もし容姿を重視するサービスなら、このようなシステムにはなっていないでしょう。

公式サイトにも、審査の基準は「学歴中心」と明記されています。

ブライトマッチの料金システム|女性は初月無料!

ブライトマッチは、月定額制です。男性と女性で、料金が異なります。

男性の料金

毎月の紹介人数料金
1人4,980円
3人8,940円
(1人あたり2,980円)
5人12,000円
(1人あたり2,400円)
1人だけ紹介を受けるプランよりも、3人・5人のプランのほうが割安です。

さらに今なら、紹介人数が「+1人」になるキャンペーンが行なわれています(2020年2月現在)。たとえば3人紹介のプランなら、今だけ4人の紹介を受けることが可能です。

女性の料金

女性は、男性に比べて低料金で利用できます。

毎月の紹介人数料金
3名以上2,980円
(1人あたり約990円)

女性の場合、男性と違って毎月の紹介人数に上限がなく、「月3名以上」となっています。月によっては、4名以上の紹介を受けることもあるようです。

また、今なら初月無料のキャンペーンが開催されており、加入した月は0円で3名以上の紹介を受けられます。

【まとめ】ブライトマッチはこんな人におすすめ!

以上の情報を総合的に見ますと、ブライトマッチは以下のような方に向いていると思われます。

  • 同じ知的レベルのお相手と出会いたい高学歴の人
  • 忙しいので自動で紹介を受けたい高学歴の人
  • 顔ではなく学歴や年収を重視する(してもらいたい)人
  • コミュ障気味の高学歴の人
  • 学歴で敬遠されがちな高学歴女子

高学歴男女限定のサービスですので、「会話の成り立つ相手と付き合いたい人」や、「相手にも自分と同じレベルの知性を求める人」に向いています。

また、自分からアプローチする必要がないため、多忙な方や、異性に声をかけるのが苦手な人にも最適です。

大学名を言っただけで敬遠されてしまう高学歴の女性も、同じく高学歴の男性が集まっているブライトマッチでなら、気後れすることなく恋活や婚活ができると思います。

興味のある方は、まず審査を受けてみてくださいね。