婚活で異性に好感を持たれる会話・話し方のコツ!

婚活で異性に好感を持たれる会話・話し方のコツ!

SHARE

「婚活パーティーやデートで、相手と話が続かない…」

「緊張しすぎて、どこを見て何を話せばいいのかわからない…」

婚活中の方の中には、そんな「会話の悩み」をもつ方も少なくないと思います。

しかし、特に初対面の場合、実は会話の中身はそれほど重要ではありません。「何を話したのか」よりも、「どのように話したのか」のほうが相手の印象を左右するからです。

そこで、異性に好印象をもたれやすい会話や話し方のコツを、具体的に解説していきたいと思います!

【声量】大声はNGだけど小声はもっとダメ!聞き取りやすい声の大きさで

婚活現場でよく見かけるのが、声が小さすぎる人です。

婚活パーティーにしてもデートにしても、大抵周りはザワザワしているものですよね。そんな中、ひそひそ小さい声で話すと、相手は聞き取りにくくて困ってしまいます。

最初のうちは「え?何ですか?」と聞き返していた相手も、そのうち面倒くさくなって適当に相槌を打つように…せっかくのチャンスが、声の小ささで台無しになるのはもったいなさすぎます!

特に声が通りにくいタイプの人は、意識して普段より大きめ(高め)の声を出すように心がけましょう。会話の途中で相手が「え?え?」と聞こえにくそうな素振りを見せたら、声が小さすぎるサインです。

もちろん、逆に声が大きすぎるのもNGですよ。婚活カップルの会話はデリケートな話題も多いため、それが周りにまで聞こえるような大声だと問題です。

自分の声の大きさがよくわからない方は、家族や友達に一度聞いてみるといいですね。

【話し方】うつむかず相手のほうを適度に見て、笑顔で会話を楽しもう!

婚活では、下ばかり向いてちっとも相手のほうを見ずに会話をする人も見かけます。緊張やテレがあるのはわかるのですが、最初から最後までそんな感じだと、やはり印象は良くないです。

特に男性がまったく目線を合わせないと、「おどおどして自信がなさそう→頼りなさそう」なイメージにつながります。就職試験の面接のように、とは言わずとも、ある程度はしっかり相手のほうを見て笑顔で話しましょう。

ただし、よく言われる「相手の目を見て話す」という方法には少し注意が必要です。

始終、相手の目をじっと見てしまうと「この人こわい」と思われてしまいますので、どちらかというと自分が話す時よりは、相手の話を聞いている時に相手を見るようにしましょう。そのほうが、「自分の話に興味をもって聞いてくれている」という印象を与えることができます。

相手の目を見るのが恥ずかしい方は、全体の3割程度でよいので、相手の目を見る努力をしましょう!目ではなく眉間あたりを見るようにするのもおすすめです。

【話し方】自分の話ばかりするのはNG!相手の話に「リアクションする」ことが大切

会話でもっとも重要なのは、相手の話を聞く態度です。

婚活でのトークというと、「えーと、何を話そう?自分のことを知ってもらわなくちゃ!」と思いがちなのですが、それより相手の話によく耳をかたむけることのほうが実は大事です。「聞き上手になる」ということですね。

特に男性は、女性に対して饒舌に「自分語り」をする人が多いです。しかも、緊張しているせいもあるのか、相手が口をはさむ隙もないほどしゃべりまくる人もいます。それでいて、相手の話は上の空で聞いてしまう…これでは「よく話す人だった」という印象しかもってもらえません。

相手の話にはしっかり真剣に耳をかたむけて、「へぇー、そうなんですか!」「それは面白いですね」というふうにリアクションをとりましょう。「え?それってどういうことですか?」など、質問をして相手の話を膨らませるのも使えるテクニックです。トーク番組の司会者やインタビュアーを参考にしてみるのもいいですね。

私たちは、自分の話をよく聞いてくれた相手に対して、思う以上に良い印象をもつものです。別に大した話はしなくても、相手の話を真剣に聞くだけで「あの人、いい人だったな」と振り返ってもらえますので、ぜひ実践してみてください。

【話す内容】困った時の鉄板ネタ集

婚活パーティーや婚活デートの時、「何を話していいかわからない!」と悩む方も多いと思います。そんな時は、以下のような話題を振ってみましょう。

  • 相手のプロフィールに書いてあったこと
  • 趣味・休日の過ごし方
  • 出身地や地元の話
  • 学生時代の話(部活や受験のことなど)
  • 好きな食べ物・よく行くお店

これらは、初対面の人と話してもOKの無難なテーマです。いくら婚活といっても、会ってすぐに結婚観や収入などの話をすると引かれてしまう可能性がありますから、まずは当たり障りのない話から入って、徐々に仲良くなりましょう。

特に、相手のプロフィールに書いてあったことを話題に出すのはとてもいいことです。婚活マッチングアプリはもちろん、婚活パーティーでも事前に記入したプロフィールカードをお相手と交換することが多いと思います。それをしっかり見て、「〇〇がお好きなんですか?」というふうに話を振るといいですね。

その後は相手の反応を見ながら、話題を適宜変えていくのがベストです。相手がどんな話なら喜んでするのか、表情や受け答え方などをチェックして探っていく、という作業が必要になります。

数をこなすうちに、その感覚がどんどん身についていくと思いますので、場数を踏むことも重要です!

【受け答え】質問には、まず結論から簡潔に答えよう

聞き上手が大事とはいっても、もちろん会話はキャッチボールですから、自分の話もしっかりする必要があります。

自分の話をする際に一番やってはいけないのが、「長々と語ってしまうこと」です。もうそれだけで、「この人はコミュニケーションスキルが低いんだな」と思われてしまいます。

そうならないために簡単に実践できることとしては、相手が何か質問してくれた時、まずは結論から答えるということです。

たとえば「公務員って書いてありますけど、具体的にどんなお仕事をされているんですか?」と聞かれた場合、「えー、あまり世間一般には知られていないと思うんですが、実は警察署内で働いていて、事務職の一種なんですけれど、たとえば予算の編成とか物品の購入とか…」などとくどくど話すよりも、まず「警察で事務をしています」とバシッと答えたほうが、相手の頭にすんなり情報が入ります。

自分の話は、できるだけ簡潔明瞭にするよう心がけましょう。相手の興味がある話題であれば、向こうから質問が飛んでくると思いますので、その都度答えるようにすればOKです。

会話上手の2大要素は、「聞き上手」、そして「説明上手」です!

【女性編】男性の話によく反応し、いいところは「スゴイ!」と称賛する

女性編

婚活では、特に女性は男性の話に存分にリアクションすることが大切です。

「すごいですね!」「なるほど!知らなかったです」「それは面白いですね~興味あります」などのリアクションは、ほぼ確実に男性から喜ばれます。男性は、女性が思う以上に「自分の話を聞いてもらいたい」と思っているからです。

また、男性が冗談を言ったら、思いきり笑ってあげましょう。それも反応の1つですよね。男性は、本能的に「自分の能力で目の前の相手を楽しませたい!」と思うため、女性が自分の話によく反応してくれると自尊心が満たされて、その女性に対していい印象をもつのです。

もう1つ、男心をくすぐるフレーズに「あなただけ」「あなたが一番」などがあります。たとえば、「私は普段すごく人見知りなのですが、〇〇さんとは話しやすかったです」と別れ際に言うと、それだけで好印象度が大幅アップします。

婚活パーティーの場合は、「ここだけの話、〇〇さんとのお話が一番楽しかったです」とささやくように言うと、男性は喜んであなたの名前を書いてくれる可能性大です!

婚活では、いい意味で「ハードルの低い女」になったほうが得ですよ。

【男性編】女性の容姿はストレートに褒め、話には優しく共感を

男性編

男性が女性に好意をもたれるためには、「素直な賛辞」と「話への共感」が重要なポイントです。

特に、見た目を褒められてうれしくない女性はいません。とはいえ、あまりジロジロ眺めまわして「ほんっとキレイですね~美人ですねぇ~」と言ってしまっては、ただの気持ち悪いオヤジですので、あくまで簡潔にさわやかに褒めることが大切です。

たとえば、「写真以上にキレイな方でびっくりしました!」とか、「え?年齢よりずっとお若く見えますね」という感じですね。こう言われてうれしくない女性は、まずいないでしょう。

また、女性は男性よりも会話に「共感」を求めるため、それを意識するのもおすすめです。たとえば、女性が言ったことに対して「それわかります!」「あ、僕も同じです」などと言うと、「この人とは気が合う」「私のことをわかってくれる」と思われやすくなります。

あとは、女性に対してはとにかく優しく接することが基本です。特に出会って間もないうちに、良かれと思って説教やアドバイスをすると、高確率で嫌われますので注意してくださいね。

うまい話し方はある程度場数を踏まないと身につかないから、どんどんデートに誘って会話の技術を磨いていくピヨ!!

マッチングアプリの初デートの誘い方から告白までのテクニック大公開!! マッチングアプリの初デートの誘い方から告白までのテクニック大公開!!