婚活マッチングアプリで結婚できる確率は20%!?アンケート結果を分析!

婚活マッチングアプリで結婚できる確率

SHARE

これから婚活マッチングアプリを使おうと考えている方にとって一番気になるのが、「本当にアプリで結婚できるのか?」ということだと思います。せっかくお金と時間を費やして利用する以上、そこは気になるのが普通ですよね。

この記事では、「婚活マッチングアプリで結婚できる確率はどれぐらいなのか」について、具体的な調査結果をもとに解説していきたいと思います!

婚活マッチングアプリで結婚できる確率

まずは、リクルートのブライダル総研が実施した「婚活実態調査2018」(pdf)のデータをご紹介します。各婚活サービスを利用した人のうち、結婚できた人の割合を調べたものです。

実施(利用)した婚活によって、結婚した人の割合

画像引用元:婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)

「婚活サイト・アプリ」で結婚した人の割合は、以下のようになっています。

婚活サイト・アプリ

2015年には15.1%でしたが、2017年には22.2%にまで上昇しています。つまり、100人中22人くらいが結婚に成功しているということです。

「それって多いの?」と思われるかもしれませんが、ほかの婚活方法のデータと比較してみますと、決して低くない数値であることがわかると思います。

もう1つ、「女子SPA!」で紹介されていた調査結果もご紹介しましょう。マッチングアプリの利用経験者1,000名を対象に行なわれた調査です。

恋活・婚活マッチングアプリで会った人とどのような関係になったかグラフ

女子SPA!「マッチングアプリの成功率は?利用者1000人のリアルな声」

「恋活・婚活マッチングアプリ」ということですので、婚活アプリ限定ではありませんが、「恋人関係になった」人が30.6%、「結婚した」人が7.7%という結果になっています。婚活アプリ限定にすれば、さらに結婚率は高くなるでしょう。

これらの結果から、「婚活専用アプリなら約22%」「恋活・婚活アプリなら約8%」の割合で結婚に成功する、と考えられます。

\今人気の婚活アプリはこちら/

婚活アプリランキングを見る

他の婚活方法と比べると、婚活マッチングアプリの成婚率は高い!

世の中にはさまざまな婚活方法がありますが、その中でも婚活アプリの結婚成功率は高めです。

前出のブライダル総研の「婚活実態調査2018」によると、2017年に結婚した人のうち、何らかの婚活サービスを利用した人は「10.4%」となっています。

婚活サービスによって結婚した人の割合

画像引用元:婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)

そのうち、「婚活サイト・アプリ」を利用して結婚した人の割合は年々増加しており、2017年には結婚相談所を上回るようになりました。

婚活サービスによって結婚した人の婚活サービス内訳

画像引用元:婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)

婚活マッチングアプリのほうが、結婚相談所よりもリーズナブルで手軽に利用できることから、最近の若い世代に支持されていることがうかがえますね。

ちなみに、ブライダル総研の「婚活実態調査2018」をもとに各婚活方法を結婚成功率の高い順に並べると、以下のようになりました。

順位婚活方法成功者の割合
1位知人に紹介を依頼23.1%
2位婚活サイト・アプリ22.2%
3位結婚相談所20.7%
4位婚活パーティー・イベントに参加17.7%
5位誘われれば、出会いの機会になりそうな場にはできる限り参加する9.6%
5位合コンに参加9.6%
6位お見合い7.4%
7位趣味や習い事の場で相手を探す7.3%
8位FacebookなどのSNSで興味のあるコミュニティに参加3.8%
9位趣味を絡めた出会い交流会に出席する3.7%
10位「恋人募集中!」と周囲に宣言する2.4%

「婚活サイト・アプリ」の結婚成功率は、全体の中で堂々の第2位です。おそらく今後、1位に躍り出る日も近いのではないかと思われます。

「でも22.2%ということは、5人中1人くらいしか結婚できていないってこと?」と不安に思う方もいるかもしれませんね。確かにそうなのですが、「結婚相手を見つける」ということの難易度を考えますと、これでも十分に高い数字なのです。

また、他の婚活方法と組み合わせることで、成功率はさらにアップします。婚活するなら、1つの方法にしがみつくのは得策ではありません。知人に紹介を頼み、婚活マッチングアプリに登録し、普通のSNSも利用して、空いた時間に婚活パーティーにも顔を出す、というふうに、複数の網を張っておくのが賢いやり方です!

婚活マッチングアプリと結婚相談所の違い 婚活マッチングアプリと結婚相談所の違い、メリット・デメリットを徹底分析!

お金がかかってもいいなら成婚率の高い結婚相談所を選ぶ方法もあり

現在主流はマッチングアプリでの婚活ですが、今でも昔ながらの結婚相談所も成婚確率も「20.7%」と3位につけています。

マッチングアプリは手軽で便利なのですが、手軽なだけに軽い気持ちの会員がいたり、相手を見つける→デート→成婚までの一連の流れをすべて一人で行う必要があります。

アプリの中には、ブライダルネットユーブライドゼクシィ縁結びなど、コンシェルジュのサポートを受けられるものもありますが、基本的にはオンラインのチャットのみとなり、サポート面が薄いというのはデメリットとしてあります。一方、ペアーズエンゲージのようなアプリと結婚相談所の中間的な性質を持つアプリもでてきました。

結婚相談所にサポートを頼むと、数十万円はかかるものと思っておいた方がよいですが、手厚いサポートを受けたいならば、昔ながらの結婚相談所も全然ありな選択肢となります。

中でも成婚率の高い結婚相談所を選ぶようにしましょう!

詳しくは、成婚率の高い結婚相談所のおすすめ人気ランキング!

婚活アプリで結婚できる確率をさらに上げる攻略法!

結婚式

婚活マッチングアプリで効率よく婚活するためには、ただ何となく登録するのではなく、「成功率を上げる使い方」をしなくてはいけません。

ライバルと差をつけるためにも、以下のポイントを守って利用してみてください。

利用頻度を上げる!「ログインは毎日」が基本

婚活マッチングアプリの恩恵をフルに受けるためには、「こまめにアプリを立ち上げる」ことが大切です。

ブライダル総研の「婚活実態調査2018」でも、「婚活サービス利用者における成功した人の特徴」として、「利用頻度の高さ」が挙げられています。

婚活サイト・アプリ

婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)

成功者の半数以上が、「毎日」または「週に3~6日」の頻度でアプリを利用しているのに対し、非成功者では32%程度にとどまっています。

実際、婚活マッチングアプリはこまめに使ったほうが、圧倒的に効率がいいです。その理由の1つが、「検索順で上位に表示されやすくなる」ということ。実は多くのマッチングアプリでは、ログイン回数の多い人ほど優先表示されるようになっているのです。

また、多くのアプリには「毎日、ランダムにピックアップされた会員に無料いいね!を送れるサービス」があります。毎日ログインしないと、無料いいねがムダになってしまうため、非常にもったいないです!

今日の価値観マッチ

※ゼクシィ縁結び「今日の価値観マッチ」

また、人と人との出会いは生ものですから、こまめにアプリを立ち上げて「いいね」や「メッセージ」をチェックしないと、せっかくのご縁が消えてしまいかねません。アプリを使うなら、ぜひ頻繁にログインしましょう!

具体的に「期限」を設定する!

婚活が成功しやすい人の特徴の1つに、「タイムリミットを決めている」というものがあります。そうです、最初から「自分は来年の〇月までに結婚するんだ!」と心に決めている人のほうが、本当にそれまでにお相手を見つける可能性が高いのです。

世にある多くの成功哲学を見ても、「具体的に夢を描ける人こそ、その夢を実現できる」というようなことがよく言われています。おそらく、期限をきっちり決めることで「ダラダラと婚活しなくなる」ことが大きいのでしょうね。

また、「妥協しやすくなる」というのも重要なポイントだと思われます。婚活では、「もしかしたら、もっといい人が現れるかも」とつい期待してしまうのですが、それを繰り返していると、いつまでたっても結婚できません。

100パーセント理想に合った相手なんていないことを考えますと、どこかで妥協することは不可欠です。その点、タイムリミットを設けることで、「この人にしよう!」という覚悟が決まりやすくなります。

相手に求める条件をゆるめる!

いつまでも結婚できない人に大抵共通しているのは、「条件が厳しすぎる」ということです。婚活マッチングアプリにも、そういう人がたくさんいます。

高い理想を掲げても結婚できるのは、男女とも「相当にスペックが高い方々」だけです。たとえば女性なら、「28歳以下で、料理が上手で、気立てのいい美人」であれば、「若いイケメンで、年収1,000万円以上で、コミュニケーション能力の高い男性」をGETできるかもしれません。

しかし、実際にはそうではないのに、身の丈に合わない条件を設定しすぎている人が多いのです。しかもそういう人は、自分では「特に条件を厳しくしているとは思っていない」ことが多いため、なおさら厄介だったりします。

特に「顔」と「収入」に厳しい人が多いのですが、まずは少しだけでもいいので、ハードルを下げてみましょう。一段階下げるだけでも、検索でヒットする人数がかなり増えることがわかると思います。

結婚する以上、どんな相手でもいいというわけではありませんが、「最低限譲れない条件」以外はなるべくゆるめたほうが、結婚できる確率は間違いなく上がるでしょう。もし婚活がうまくいかなくなった時は、ぜひいったん立ち止まって、「自分が絶対譲れない条件は何か?」を考えてみることをおすすめします。

婚活マッチングアプリの使い方の基本と攻略法!写真やメッセージも大事

アプリ以外の出会いの場に積極的に出向く!

男女の出会いの場は何もアプリだけではありません。もちろんアプリだけで婚活をしてもよいのですが、リアルの世界にも男女の出会いの場はたくさんあります。

データを見てみると、アプリなどの婚活サービスで出会った人は2位で、1位は同じ職場や同じ会社となっています。3位が趣味サークル・習い事、4位が知人の紹介です。

運命のお相手は意外と身近なところにいる可能性もありますので、男女が集まる場へのお誘いがあったら、積極的に参加してみることをおすすめします!

出会い2 出会いがない社会人必見!4200人に聞いた男女の出会いの場TOP10!

実家暮らし・無職・外見自信ナシでも結婚確率を上げる方法

実家暮らしで親のめんどうをみている、無職で収入がない、外見自信なしというのは、婚活市場では「婚活弱者」と呼ばれることがあります。

そんな方でも結婚できる確率を高くするための方法をご紹介しているマニュアルです。

【実家暮らし・無職・外見自信ナシ】3大婚活弱者に捧ぐ婚活必勝マニュアル 【実家暮らし・無職・外見自信ナシ】3大婚活弱者に捧ぐ婚活必勝マニュアル(byトイアンナ)