婚活で「気持ち悪い」と思われる男性の12の特徴

婚活で「気持ち悪い」と思われる男性の12の特徴

「世の男性方、女性に気持ち悪いと思われる男になっていませんか?」

編集長 さおり

婚活したことのある女性に話を聞いてみると、1度や2度は必ず「気持ち悪い」と感じる男性に出会った経験があることがわかります。私自身もそうです。何度も経験しています…。

外見だけではなく、話し方やマナーなども女性をドン引きさせる要因になりますので、結婚したい男性は気を付けたいものです。

悲しい失敗を犯さないためにも、婚活で女性に「気持ち悪い」と思われる男性の特徴をどんどん挙げていきたいと思います!

婚活で気持ち悪いと思われる男性の12の特徴!
  1. 身なりが不潔
  2. ファッションがダサい
  3. 明らかに体目的(ヤリモク)
  4. 初対面なのにタメ口・なれなれしい
  5. 自分の話・自慢話ばかりしてくる
  6. ネガティブで卑屈
  7. 話し方や笑い方が気持ち悪い
  8. 食べ方が汚い
  9. 足あとを何度もつけてくる(婚活アプリ)
  10. メッセージ(メール)を1日に何度も送ってくる
  11. 若くて可愛い女の子にしか興味がない
  12. 女性に対して上から目線

こんな男性はキモイ!婚活で「気持ち悪い」と思われる男性の12の特徴

①身なりが不潔

言わずもがなですが、身なりに清潔感がない男性は、その時点でアウトです。

不潔な男性の特徴
  • 髪の毛がボサボサ
  • フケが落ちてくる
  • 無精ヒゲ
  • 服がヨレヨレ
  • 靴が汚い
  • 汗や脂で肌がギトギトしている
  • 爪や鼻毛が伸び放題
  • 口臭や体臭が強い

並べただけで「うわっ」となるような、清潔感のなさっぷりですよね。結婚したいなら、くれぐれもこんなふうになってはいけません!

たとえば婚活アプリなら、プロフィール写真を撮る前に理容室へ行って髪をサッパリし、ヒゲもきちんと剃って、身なりを整えましょう。驚くことに、「ありのまますぎる姿」で気楽に写真に収まっている男性も多いのですが、ただでさえ男性の比率が高いアプリが多い中、それでは成功できるわけがありません!

婚活アプリの写真の撮り方 婚活マッチングアプリでいいね!をもらえる写真の撮り方!美男美女でなくてもOK!

②ファッションがダサい

服装がださい男性

服装は人それぞれ好みがありますが、あまりにおかしな色の取り合わせや、オジサンのような恰好をしている男性は、やはり「ダサい」と思われてしまいます。

仕事で着るスーツはいいとしても、私服になると急にダサくなってしまう男性は実際多いです。婚活するなら、自分の好みやポリシーはともかく、多少は「女性ウケするオシャレ」を勉強しておきましょう。

一番いいのは、信頼できる女友達や姉妹、もしくは洋服屋さんの店員さんにアドバイスを求めることです。ファッション誌も参考になりますが、やはり自分の姿を実際に見てもらった上で客観的な助言を求めたほうが、有用なアドバイスが期待できると思います。

マッチングアプリデートでおすすめの場所と服装 婚活マッチングアプリではじめて会う際におすすめの場所や服装

③明らかに体目的(ヤリモク)

明らかに体目的(ヤリモク)

真剣に婚活中の女性にとって、体目的のヤリモク男は天敵みたいなものです。少しでも下心が見えた時点で、「気持ち悪い!」と思われてしまいます。

本当は体目的ではなくても、たとえば以下のような行動をとってしまうと誤解されますので気を付けましょう。

ポイント
  • 夜のお酒デートばかりセッティングしたがる
  • まだ付き合っていないのに、体にベタベタ触る
  • 下ネタを投げる

ボディタッチはもちろん禁物ですし、下ネタはたとえ冗談のつもりでも、婚活ではNGです。

デートも、最初のうちはなるべく昼間、人目の多いカフェやレストランなどでセッティングして、女性を安心させてあげましょう。

婚活アプリに潜む既婚者の見分け方! 婚活マッチングアプリにいる既婚者を見分ける5つの方法!

④初対面なのにタメ口・なれなれしい

人との距離感がズレている男性は、総じて「気持ち悪い」と思われがちです。

その最たるものが、初対面からなれなれしい人。たとえ自分のほうが年上でも、婚活は「お見合い」と基本的に同じですから、いきなりタメ口は失礼です。最初はフレンドリーさを演出するより、しっかりとマナーを守った丁寧語で対応しましょう。

また、女性から頼まれてもいないのに「〇〇ちゃん」と呼ぶのもダメです。職場で若い女の子に嫌われるオヤジと同じですから、最初はきちんと「さん」付けで呼ぶようにしてください。

⑤自分の話・自慢話ばかりしてくる

コミュニケーション能力の低い男性は、やはり嫌われがちです。たとえば一方的に自分の話ばかりしてくる男性は、高確率で「キモ認定」されてしまいます。

特に男性は、女性に比べて自慢話をする人が多いです。結婚相手として選んでもらうための自己アピールは確かに大切ですが、あまりくどくど語ったり、聞かれてもいない「俺のヒストリー」を話したりすると「自己顕示欲強すぎ」と思われて嫌われますので、気を付けましょう。

女性は、相手の男性に本当に興味がある場合は、しっかり質問してくるはずです!

⑥ネガティブで卑屈

「自慢男」も嫌われますが、同じくらいかそれ以上に嫌われるのは「卑屈男」です。

たとえば、「どうせ俺なんか…」「俺みたいな男、好きじゃないでしょ?」のようなセリフ。ネガティブすぎて、相手の女性も困ってしまいます。「そんなことないですよ!」と言ってもらいたいのかもしれませんが、婚活はカウンセリングではないのです。

昔の苦労話も、少なくとも初対面ではNG。基本的に重い話は、少し親しくなってから、なるべく相手に負担をかけないようにさりげなく打ち明けるのが大人としてのマナーです。

⑦話し方や笑い方が気持ち悪い

身もフタもありませんが、話し方や笑い方に気持ち悪さを感じる女性は多いようです。こればかりは、生理的なものもありますので仕方ないかもしれませんね。

ただ、意識することで改善できる部分もあります。

好感を持たれる話し方
  • 相手にしっかり聞こえる大きさで、はっきりと話す
  • 口ごもったような笑い方をしない(クックックッ…のような)
  • 相手が口を挟む隙もないほど、立て続けに話さない
  • うつむかず、適度に相手の目を見て話す

とはいえ、話し方や笑い方は長年の間に自然に身についたものですから、自力で変えるのには限度があるのも確かです。もし「俺の話し方っておかしいのかも…」と思う男性は、「話し方セミナー」や「婚活カウンセリング」のようなサービスを、一度利用してみるのもいいかもしれません。

最近はオンラインで相談できるところも多いですから、ぜひ調べてみてください。

⑧食べ方が汚い

食べ方が汚い

婚活するにあたって、お食事は避けられないイベント。その時、食事マナーがまるでなっていなかったら…男女を問わず、相手にドン引きされてしまいます。

NGな食事マナー
  • 口を開けてクチャクチャ音を出しながら食べる
  • 箸の持ち方が明らかにおかしい
  • 箸から食べ物をボロボロ落とす
  • なんだかマズそうに食べる

このような食べ方は禁物です。普段の食べ方がデートでもそのまま出てしまいますので、婚活を機にぜひ改善しましょう。品よく美味しそうに食べる男性は、それだけで魅力度が増しますよ。

⑨足あとを何度もつけてくる(婚活マッチングアプリ)

ペアーズの足あと

婚活マッチングアプリや婚活サイトで「気持ち悪い!」と思われてしまうのが、相手のプロフィールに何度も足あとをつけることです。

足あとは、「あなたに興味をもちましたよ」というアピールにもなるため、1度や2度はつけてOKなのですが、毎日のようにつけてしまうとネットストーカーのように思われてしまい、最悪の場合はブロックされることも。

気になる女性には、思いきって「いいね!」を送ったほうが男らしいです!

⑩メッセージ(メール)を1日に何度も送ってくる

メッセージ(メール)を1日に何度も送ってくる

メールやLINEを頻繁に送りすぎるのも、女性に気持ち悪がられる代表的なNG行為です。婚活アプリなら、アプリ内のメッセージも同様ですね。

もっとも無難なのは、「相手のペースに合わせて送る」ことです。相手が1日1回のペースを好むならそれに合わせるようにし、もう少し頻度が上がってきたらそれに合わせましょう。

特にやってはいけないのが、相手から返信が来る前に次のメッセージを送ってしまうこと。「ガツガツしすぎ」「そんなにヒマなの?」などのネガティブな印象を与えてしまいますので、くれぐれもご注意を!

婚活アプリのメッセージの書き方 婚活マッチングアプリのメッセージは最初が肝心!盛り上がる書き方と定型文

⑪若くて可愛い女の子にしか興味がない

愛に年の差は関係ありませんが、あまりに年の離れた女性にばかりアプローチする男性は、基本的に女性から嫌われます。

婚活アプリでも、20代の若い女性ばかり狙う40代以上の男性が一部いますが、女性からのウケは良くないです。もちろん年上好きの男性もいますし、年齢差に関してルールはないため難しいのですが、効率重視でいくなら「10歳差以内」の相手にアプローチしたほうがいいでしょう。

⑫女性に対して上から目線

女性に対して上から目線

婚活市場で意外と多いのが、女性に対して偉そうな男性です。自分に自信がない男性とは真逆で、彼らは「俺様と結婚できるラッキーな女を探しているんだぜ」という態度で婚活しています。

たいてい、そういう男性は高学歴だったり、高年収だったりと、実際に何らかのアピールポイントがある人が多いのですが、だからといって上から目線で婚活していいわけではありません。

婚活では、あくまで男女は対等です。「俺はこんなところにいるべき男じゃないぜ!」と思うのなら、わざわざ婚活のフィールドに踏み込んでこないで、どうぞ普段の生活で相手を見つけてください…と思われるのがオチでしょう。

卑屈になるのではなく、かといって尊大な態度をとるのでもなく、自分がどんな属性であっても謙虚な姿勢で婚活に臨むことが大切です!

ハイスぺだけどやばい男子の見分け方 ハイスぺだけどやばい男子の見分け方(yuzuka)