婚活がうまくいかない人の5つの共通点!【男性編/女性編】

婚活がうまくいかない人の5つの共通点!【男性編/女性編】

SHARE

「婚活を始めてだいぶ経つのに、まだ結婚できる兆しさえ見えない…」

「色々なマニュアルを読んで努力してるつもりだけど、まだ何か足りないの?」

婚活中の方々の中には、そんな深刻な悩みを抱える方も多いと思います。

婚活の努力が実を結ぶまでには、ある程度の時間がかかりますが、いつまでたってもうまくいかない場合は何か問題がある可能性も考えられます。

この記事では、婚活がうまくいかない人によく見られる5つの特徴と、それぞれの改善策を男女別にご紹介しますので、ぜひセルフチェックに役立ててみてくださいね。

婚活がうまくいかない男性の共通点

男性編

まずは男性編です。

若くて可愛い女性ばかり求めている

婚活がうまくいっていない男性を見ると、やはり理想が高い人が多いです。

男性の場合、やはり「若さ」と「ルックス」が女性に求める2大理想といえるでしょう。中には、自分はアラフォーに差しかかっているのに、20代の若い女性ばかり求める男性もたくさんいます。

婚活市場では、若くて可愛い女性は当然ながらモテモテですので、競争率は高いです。若いイケメンやハイスペック男子であれば勝ち目はありますが、そうではない男性は厳しい戦いを強いられます。

自分の子供をもつことを考えると、1歳でも若い女性を選んだほうがいいことは確かなのですが、30代前半の女性であれば十分にチャンスはあります。若くて可愛い女性にこだわっている男性は、もう少しハードルを下げてみてもいいかもしれませんね。

コミュニケーション能力に問題がある

婚活市場には、「スペックは悪くないのに、なぜかいつまでも結婚できない男性」がいます。そういう男性たちを見ていると、コミュニケーションスキルに問題がある場合が多いようです。

上から目線で一方的に話す男性もいれば、逆におどおどしすぎて、女性とうまく会話が続かない男性もいます。婚活の中心はデートであり、デートの中心は会話ですから、そこでのコミュニケーションがうまくいかないのは致命的です。

緊張してうまく話せないだけなら、色々な女性とデートをして場数を踏めば、次第に改善される可能性が高いですが、特に問題なのは「上から目線タイプ」の男性ですね。この場合、自分では何がいけないのかわからないままフラれ続けることになります。

ハイスぺだけどやばい男子の見分け方 ハイスぺだけどやばい男子の見分け方(yuzuka)

一番いいのは、気の置けない家族や友人にアドバイスを求めることです。また、空気を読むのが昔から苦手だという方は、最初から「自分は空気が読めないので、言いたいことがあったらハッキリ言ってほしい。傷つかないし、そのほうがありがたいから」と相手に伝えておくのもいいと思います。

婚活で異性に好感を持たれる会話・話し方のコツ! 婚活で異性に好感を持たれる会話・話し方のコツ!

プライドが高い

婚活は、いわば自分を「商品」として陳列棚に並べることです。常に他の商品と比べられて、評価を与えられ続けます。

その中では、「これいーらない!」とポイ捨てされることも普通にあるわけですが、そんなことは当たり前と思ってくじけず、どんどん新しいお客さん(女性)に自分を売り込む必要があります。それが婚活という作業なのです。

しかし、プライドが高い男性の場合、女性に何度もフラれることに耐えられません。特にスペックがそれなりに高い男性や、過去にモテた経験がある男性ほど、婚活で「お断り」されることに深く傷ついてしまうようです。

その結果、いい人がいても積極的にアプローチできず、受け身の姿勢でいる→婚活がうまくいかない、ということになってしまいます。

このタイプの男性は、「婚活は精神修養」と割り切るのが一番です。「婚活でお断りされた=自分という人間を全否定された」というわけではなく、単に条件や相性が合わなかっただけなのですから、いちいち落ち込む必要はありません。メンタルを強く持ちましょう!

外見および年収のレベルが明らかに低い

身も蓋もありませんが、総合的にスペックが低すぎる男性は、やはり婚活であぶれがちです。

ただ、世の中を見まわしてみると、結婚している男性が全員ハイスペックというわけではありませんよね。特に男性の場合、ルックスに多少難があっても、年収がある程度高ければ需要は十分あります。逆に年収が低くても、顔や鍛え抜かれた体に自信があれば、それを前面に押し出してアピールするべきですし、要は「セルフブランディング」が大事なのです。

そのためにも、自分のスペックに自信がない男性は、まず「自分はどこで勝負できるのか」を一度しっかり考えることをおすすめします。たとえば低年収だとしても、貯蓄や持ち家があるならそれをアピールすればOKです。

もしくは家事スキルの高さも、最近の婚活では重視されます。高収入女性といいカップルになれる可能性もありますから、ぜひ自分という商品の価値を自分で見出して、どんどん売り込んでいきましょう!

まだ結婚をあせっていない

いつまでも結婚できない男性の中には、そもそも結婚する必要性を強く感じていない人もいます。

結婚は、人生の一大イベントです。生活がガラリと変わりますから、強い意志をもって臨まないと、なかなか腹が決まりません。特に男性は女性と違って出産のリミットがないため、切羽詰まった気持ちになりにくく、先延ばしにしてしまいやすいのです。

このタイプの男性は、厳然とタイムリミットを設定することをおすすめします。長くても1年以内に設定して、「何としてもそれまでにお相手を見つける!」と決意しましょう。

男性も年齢とともに婚活の成婚率は下がっていきます。特に35歳を過ぎたらあせるべきです!

【1年婚活のススメ】今すぐに結婚したい人が1年以内に結婚する方法 【1年婚活のススメ】今すぐに結婚したい人が1年以内に結婚する方法

婚活がうまくいかない女性の共通点

女性編

次に、女性で婚活がうまくいかない人に見られる特徴を挙げていきます。

職業・年収の理想が高すぎる

女性も男性と同様、相手に求める条件が厳しすぎる人が多いです。女性の場合、イケメンにこだわる人もいますが、それよりも仕事や年収に高いハードルを設けている人のほうが多いかもしれませんね。

「いや、私そんなに高くないわよ。せいぜい年収400万円で十分だし…」と思っている女性もいるかもしれませんが、実は20代~30代前半で年収400万円以上稼ぐ男性は意外と少ないです。ですから、自分ではそんなに高望みしていないつもりでも、実際はそうではない可能性があります。

これからの時代は、共働きがスタンダードです。家庭の収入は自分の分も合わせて、総合的に考えるようにしたほうがいいでしょう。

婚活売れ残り女の7つの特徴! 婚活売れ残り女の7つの特徴!

そもそも男性に対する女性の考え方が間違っている可能性が高いので、マインドを変えることが大切なことも多いです。

男性の理想が高すぎて結婚できない女性のマインド修正案! 男性の理想が高すぎて結婚できない女性のマインド修正案!

性格がきつく、男性にダメ出しをする

男性も女性も、結婚には精神的な安らぎを求める人が多いと思います。そう考えると、性格がきつい人はパートナーとして選びたくないですよね。

特にバリバリ働いて稼いでいるキャリアウーマンタイプの女性ほど、男女の関係にもビジネスの感覚を持ち込んで、あれこれ男性にダメ出ししてしまうケースが多く見られます。

「結婚はキレイ事じゃない!気になることは最初からどんどん話し合わないと」という考えなのかもしれませんが、あまり理詰めで男性を追い込んでしまうと、話し合う以前に逃げられてしまうことに。

恋活と違って、婚活では特に「癒しスキル」が重視されます。ちょっと自分には足りていないかも、と思う女性は、ぜひ意識して身につけてみてください。

30代女性の婚活 30代独身女性は結婚確率激減!?婚活がいかに厳しいかわかるデータまとめ!男性に怖いとも…

ガツガツ婚活しすぎている

女性は男性と違って、妊娠・出産に身体的なリミットがあるため、特に30を過ぎると結婚をあせってしまいます。

出産のタイムリミットが結婚のタイムリミット?女性の婚活で大事なポイント! 出産のタイムリミットが結婚のタイムリミット?女性の婚活で大事なポイント!

それ自体は仕方ないことですし、早く結婚を決めるためにも大切なのですが、あまり表面に出してしまうのはNGです。

たとえば、会う男性すべてに媚を売る。特に気に入った男性は、逃すまいとして連絡しまくる。プライベートな質問をガンガンぶつける…このような行動をしてしまっては、多くの男性がおそれをなして逃げ出してしまうでしょう。

たとえ心の中では情熱を燃やしまくっていても、表面上は優雅にニッコリと笑って、余裕のある感じを演出したいところです。

30代、40代女性が大人の魅力で男性を射止める婚活術 30代、40代女性が大人の魅力で男性を射止める婚活術

ブランド物や海外旅行、エステなど「セレブ感」がある

ハイブランドのバッグをいくつも持っていたり、しょっちゅう海外旅行に行ったりする女性は、婚活で思うようにモテない可能性があります。

その理由の1つは、「お金遣いが荒そうだから」です。結婚とは、生活そのもの。特に最近は堅実な若者が増えていますので、お金のかかりそうな女性は婚活で避けられがちです。「自分の力では幸せにできそうもない」と思う男性も多いでしょう。

また、美容や健康にこだわりの強いセレブ系女性の場合、「自分にも高い意識を求められそう」と思われるのも、男性に避けられる重要な理由の1つです。

「エステにも通ってるし、定期的にヨガもやってるし、朝はグリーンスムージーを欠かさないし…ピカピカの毎日を送っているつもりなのになぜ!?」と思うかもしれませんが、その意識の高さこそが、ごく一般的な男性にはプレッシャーとなります。

多くの男性は、家庭にはもっと「ゆるさ」を求めるものです。ピカピカしすぎている女性は、少し加減したほうが婚活がうまくいくかもしれませんよ。

婚活で嫌われる女性の5つの特徴と改善策! 婚活で嫌われる女性の5つの特徴と改善策!

外見や年齢に難点がある

男性と同様、女性も総合的なスペックが低すぎると、当然ながら婚活はうまくいきにくくなります。

女性の場合、見た目も大切ではありますが、それ以上に「年齢」が大きいです。自分の子供がほしいと思っている男性にとって、女性の年齢は重要ですから、どうしても30代半ば以上になると選ばれる確率が低くなってしまいます。

その場合は、別の魅力で勝負するしかありません。たとえば、優しさ・料理上手・高収入などの強みがあれば、それを積極的にアピールするべきでしょう。

特に、些細なことで感情的に怒ったりしない懐の広さや母性的な愛情は、ある程度年齢を重ねた女性ならではの魅力です。ぜひ前面に押し出して婚活してほしいと思います!

\今人気の婚活アプリはこちら/

婚活アプリランキングを見る