婚活マッチングアプリでメッセージが続かない原因と対処法

婚活マッチングアプリでメッセージが続かない原因と対処法

SHARE

「せっかくマッチングしたのに、その後のメッセージが続かない…」

「突然、返事が来なくなった…何が悪かったんだろう?」

婚活マッチングアプリを使っている方の中には、こんなふうにメッセージのやりとりが続かなくて悩んでいる方も多いと思います。メッセージが途切れてしまっては、当然ながら初デートまでこぎ着けることはできませんよね。

この記事では、メッセージが続かない時に考えられる理由と、それぞれの対処法をご紹介していきますので、自分に当てはまるものがないかどうか、ぜひチェックしてみてください!

婚活マッチングアプリでメッセージが続かない5つの原因と対処法

メッセージの内容がつまらない

特に多いのは、つまらないメッセージを送ってしまっているケースです。

たとえば以下のようなメッセージを送りつけていませんか?

NGメッセージ
  • 自分語りが多い
  • 何を返していいのかわからない、どうでもいい内容
  • 毎回似たような話題
  • オウム返しするだけ

このようなメッセージを送ってしまうと、相手からの返事が途絶えやすくなります。

たとえば、自分語りのしすぎ。もちろん自分のことを知ってもらうために、必要な情報は伝えるべきですが、相手の情報量とのバランスが悪すぎるのは問題です。特に男性は、自分の仕事のことや「俺の半生」などを語りたがる人が結構いますので、気を付けましょう。

また、相手が返信に困るようなメッセージもNGです。中には、ツイッターや日記のように、自分の日常をつぶやくようなメッセージを送ってしまう人もいます。「今日は〇〇に行きました。楽しかったです。」などと自己完結されても、相手は「へぇー」で終わってしまいますよね。

その他、相手が書いてきた内容をそのままオウム返ししてしまうのも、相手を困らせてしまいます。会っている時の会話ならいいのですが、文章だけのメッセージではその後がうまく続きません。

対処法:相手の興味ある話題を中心に振ろう!質問も〇

メッセージをつまらなくしないためには、相手が返信しやすい話題を提供することが大切です。

そのためには、事前に相手のプロフィールをすみずみまで読んだ上で、相手の興味がありそうな話題を選びましょう。特に最初のうちは、必ず相手のプロフィールに書いてあることを盛り込んでください。

例:「〇〇がお好きなんですか?」「△△のお仕事をされているんですね」など

また、自分語りだけで終わらせず、相手への質問も積極的に入れましょう。たとえば「僕はイタリアンが好きです。〇〇さんは何が好きですか?」という感じにすると、相手が返信しやすくなります。

実はそう難しく考えすぎる必要はなくて、要は「スムーズにキャッチボールが続くようなやりとりを心がける」ということです。相手が送ってきた内容をオウム返ししてしまう人は、「〇〇がお好きなんですね。じゃあ△△には行ったことありますか?」のように、うまく話題を広げる工夫をしてみてください。

メッセージの数が少ない、または多い

メッセージの頻度も重要です。

たとえば、相手が積極的に送ってきてくれているのに、こちらはノロノロと返信してしまうと、もっとスムーズにやりとりができる人に乗り換えられてしまうかもしれません。

逆に、こちらから鬼のようにメッセージを送りまくるのも当然NGです。

対処法:相手のペースに合わせて送ろう!

心地いいと感じるメッセージの頻度は、人によって違いますので、基本的には「相手に合わせる」のが無難です。

相手の返信ペースが2~3時間なら、自分もそれくらい空けましょう。相手が即レスなら、自分もできるだけ早めに返します。

また、送る時間帯やタイミングにも気を配りたいところです。仕事中や寝ている時間などは避けて、たとえば平日なら仕事が終わった後など、ゆとりのある時間帯を狙いましょう。

ちなみに返信頻度だけではなく、文章の量も相手に合わせるのがおすすめです。短めの文を何度かに分けて送る人もいれば、ある程度まとまった文章を1度に送る人もいますよね。それも、相手が感じる「心地よさ」に影響しますので、できるだけ合わせるようにしてください。

失礼なメッセージを送ってしまっている

相手から返信が来なくなった場合、もしかしたら失礼なメッセージを送ってしまったのかもしれません。

中には、もともと文章がそっけなくて、無意識のうちに「塩対応」をしてしまっている人もいます。また、最初からタメ口の軽い文章を送ったり、相手が年下の女性だからといって「ちゃんづけ」で呼んだりしてしまうのも、婚活マッチングアプリではマナー違反です。

もちろん、いきなりの条件確認もいけません。実際、マッチングしたばかりなのに「親との同居って可能ですか?」など、気になることをストレートにぶつけてしまう人もいます。

対処法:年下でも最初は丁寧語!礼儀正しいメッセージを心がけて

この場合大切なのは、「デリカシーやマナーを大切に」ということです。

たとえ自分のほうがだいぶ年上だとしても、少なくとも最初のうちは丁寧語で礼儀正しい文章を送りましょう。もちろん「ちゃんづけ」はダメです。

メッセージの内容にも気を配ります。婚活マッチングアプリという場で出会ったからといって、何でもずけずけと質問していいわけではありません。まずは当たり障りのない話題や自己紹介から始めて、お互いに心を開ける関係を築くことが第一歩です。「条件に合致しないなら、そもそもメッセージをやりとりする必要はありません」というような態度をとらないようにしましょう。

また、普段からメッセージがそっけないと言われる人は、意識して絵文字や顔文字を使うなどして、文章の印象をソフトにする工夫をしてみてください。

LINE交換や初デートを焦りすぎている

相手にプレッシャーを与えてしまっているパターンです。

たとえば、まだマッチングしたばかりなのに、もう会うこと前提で話を進めてしまったり、早々とLINE交換を提案したりすると、相手によってはドン引きされてしまいます。「なんかこの人、必死すぎて怖い!」と思われてしまうのです。

対処法:初めから猛プッシュはダメ!LINE交換は会ってからでも可

まず、婚活マッチングアプリでは「LINE交換はいつでもいい」という気持ちで、ゆるく構えておくことをおすすめします。せっかくアプリのメッセージ機能があるのですから、何なら初デートするまではLINE交換をしなくてもいいぐらいです。

特に女性は、関係を慎重に進めていきたいと考えている人が多いため、連絡先交換を焦ることにはデメリットしかありません。男性は「交換するならしてもいいし、会ってからでもいいですよー」という寛大な気持ちでいることが大切です。そのような余裕ある紳士的な態度こそが、女性の警戒心を解きます。

何であれ、ものすごい勢いでアタックしてしまうのはNGです。最初から結婚の話ばかりして相手にプレッシャーをかけたりするのはやめましょう。

もちろん、メッセージの返事を催促するのもいけません。

やりとりが長すぎてマンネリ化している

意外と多いのが、メッセージを長くやりとりしすぎているケースです。この場合、相手だけではなく、自分も飽きてしまうことがあります。

メッセージは、あくまで「初デートにつなげるためのツール」であり、婚活の本番は実際に会うところから始まります。それなのに、いつまでもメッセージに留まってしまっては、ただのメル友状態になりかねません。

対処法:長引きすぎはNG!適度なところで次のステップへ

どれくらいメッセージをやりとりするべきかは、カップルによってもさまざまですので一概には言えませんが、ある程度お互いのことを話して会話がうまく盛り上がったら、もう次のステップへ進むべきです。

相手からの返信ペースが上がってきたり、文章がくだけた感じになってきたりしたら、「そろそろいい感じ」のサイン。このタイミングを逃さず、初デートの約束を取り付けましょう。

特に女性は、男性からの誘いを待っていることが多いです。それなのに、男性のほうがいつまでもグズグズしていると、急に終了されてしまうこともあります。

「もう基本情報は十分伝え合ったし、お互いに良い印象をもてているな」と思うなら、ぜひ勇気を出して「まずはお茶(またはランチ)しませんか?」と誘ってみてくださいね。

相手側の事情で、メッセージが続かないこともある!

以上、婚活マッチングアプリでメッセージが続かない原因と対処法についてご紹介しましたが、相手からメッセージが来なくなる理由は他にも色々あります。

たとえば、相手にもっといい人が現れた、というのも婚活ではよくあることですし、相手が急に婚活のやる気を失った、というパターンもあり得ます。もしくは、相手の有料プランの期限が切れて、メッセージを送れなくなったのかもしれません。

ですから、1度や2度メッセージが続かなかったからといって、落ち込む必要はないです。前を向いて次へ行きましょう!

ただし、マッチングするたびにメッセージが続かないのだとしたら、自分に何か原因がある可能性が高いです。その時は、ここでご紹介したことをチェックして、ぜひ改善に役立てていただけたらと思います。

婚活マッチングアプリのメッセージは最初が肝心!盛り上がる書き方(定型文コピペOK)