婚活マッチングアプリのメッセージは最初が肝心!盛り上がる書き方(定型文コピペOK)

婚活マッチングアプリのメッセージの書き方

「メッセージを送っても返事がこない…」
「だんだん話すことがなくなってきた…」
「デートっていつどうやって誘えばいいの?」

など、マッチングアプリのメッセージのやり方の悩みは尽きないものです…。

多くの婚活マッチングアプリでは、お互いに「いいね」を送り合ってマッチングが成立してから、個人的に「メッセージ」を送れるようになります。

婚活マッチングアプリのいいねとメッセージへ

せっかくマッチングが成立したからには、ここから会話を盛り上げていって、まずは初デートに漕ぎ着けたいですよね!

実は婚活マッチングアプリにおいてメッセージはとても重要です!

どんな人なら実際に会ってみたいですか?

引用元:婚活総研アンケート

こちらはIBJが運営する「婚活総研」が婚活サービスを使っている400人に聞いた、「異性とのやりとりの中でどんな人なら実際に会ってみたいですか?」というアンケート結果ですが、「37%」とほぼ約4割の人が「メッセージ等のやりとりが続く人」と回答しているのです!

顔写真ではなくメッセージが最重要と考えている人が多いということです!顔や容姿は努力でどうしようもない部分もありますが、メッセージは努力次第でいくらでも改善できますよね!

編集長 さおり

この記事では、文書下手な人でも初デートに漕ぎつけられるように、初メッセージの書き方や、その後の会話の盛り上げ方、LINE交換やデートに誘うタイミングなどについて、余すところなく解説していきます!
相手とのやりとりがうまくいかない場合はアドバイスするから連絡してピヨ!!

婚活アプリの白いハト無料婚活相談

\今人気の婚活アプリはこちら/

婚活アプリランキングを見る

目次

返信率を上げる1通目の初メッセージの書き方!(定型文コピペOK)

婚活マッチングアプリでメッセージを続けるコツ

「そもそも、文章を書くのって苦手なんだよね…」という方でも、相手から返信のもらえる初メッセージを書ける方法があります。それは、以下の3つのパートに分けて書くことです。

3つのパート
  • あいさつ・自己紹介
  • 相手に興味をもった理由
  • 相手への質問

まずは「こんにちは」や「はじめまして」などの「あいさつ」から始まり、自分のことを少しだけ紹介します。くわしい情報はプロフィールを見ればわかりますので、あまり細々と書く必要はありません。

次に、「相手のことが気になった理由」について書きます。とても大切な部分ですから、忘れずに書きましょう。相手と自分の共通点をアピールするのも効果的です。

そして最後に、相手への質問を持ってきましょう。こうすることで、相手の返信意欲を高める効果が期待できますし、相手からも質問が返ってくるかもしれません。

【男性編】女性受けのよい最初のメッセージおすすめ定型文

女性から返信をもらいやすいメッセージの例を3つご紹介します。ぜひテンプレとして活用してみてください。

男性の顔

はじめまして、〇〇と申します。マッチングありがとうございます!僕も××在住で、IT関連の仕事をしています。

△△さんと同じく最近ボルダリングにハマっているので、親近感を覚えました。

3枚目の猫の写真、すごくかわいいですね。男の子ですか女の子ですか?

女性がペットの写真をアップしている場合は、ぜひそれについて触れましょう。自分もその動物が好きであることをアピールすると、結婚相手候補として有力視される可能性が高くなります。

男性の顔

△△さん、こんにちは。〇〇といいます。いいねありがとうございました!

写真がとても素敵だったので目に留まりました。

2枚目は首里城ですかね?

僕も沖縄は大好きで、何度も行っています^^

おいしいお店を探すのが好きなのも一緒なので、思わずいいねしちゃいました。

△△さんは和食・洋食・中華だったらどれが一番お好きですか?

旅行の写真がアップされている場合も、コメントすると喜ばれます。

最後の質問は、深く考えさせるようなものではなく、気楽に答えられるものにするのもコツです。

男性の顔

はじめまして。××市内で公務員をしています〇〇と申します。野球観戦がお好きと書いてあったので、思わず「いいね」しました。

僕もシーズンシートを購入するほど野球が好きなので、

ぜひ色々お話できたらうれしいです!

△△さんは看護師さんなのですね。尊敬です。

夜勤とかもありますか?

職業などはプロフィールを見ればわかるのですが、もし婚活市場で人気の高い仕事(公務員・医師・薬剤師・弁護士・税理士など)に就いている場合は、自己紹介として書いておくと返信率が上がります。

相手の職業も専門性が高い場合は、興味をもって何か質問してみましょう(ただし給与のことや、守秘義務に触れるような突っ込んだ質問はNG)。

女性が言われると喜ぶメッセージフレーズ例

メッセージの中で、女性が言われると喜ぶフレーズをいくつか挙げてみます。

女性が喜ぶフレーズ
  • 見た目がとてもタイプだったので…
  • 知的で上品な方だなと思いました
  • 真剣に結婚を考えています
  • まずはゆっくりメッセージ交換から
  • 返事は時間のある時でかまいません

男性もそうですが、見た目を褒められてうれしくない女性はまずいません。もちろん、そればかり褒めるのは良くありませんが、ファーストメッセージで「正直、とてもタイプだったので『いいね』しました!」と書くくらいならまったくかまわないのです。

また、内面では「品の良さ」を褒められるのが女性はうれしかったりします。特に、自己紹介をしっかりした文章である程度長く書いている女性や、趣味に「読書」と書いてあるような女性には、「知的で上品なイメージがあったので…」と言うと喜ばれる可能性があります。

「真剣に結婚を考えている」も、ぜひ盛り込んでおきたい一言です。女性は、遊び目的の男性にウンザリしていることが多いため、「自分はそうではありませんよ」ということをさりげなくアピールしておくといいでしょう。

あとは、「LINE交換や会うことを急いではいませんよ」ということも伝えておくと、安心する女性が多いと思います。ガツガツしすぎている男性には、警戒心を抱くのが普通です。「返事もムリしないで、時間のある時でいいですよ^^」と言ってくれる男性には、「この人優しいな」と好印象をもちます。

男性が気をつけたいNGメッセージ

男性にありがちな「初メッセージの失敗」は、以下の3つです。

NGメッセージの特徴
  • 短くてそっけない
  • すぐに「会いたい」「LINE交換しよう」と言う
  • 共感力がない
短すぎるメッセージ

スルーされたメッセージ

男性に多いのが、一言だけの「短すぎるメッセージ」を送ってしまうことです。「こんにちわー」と送って、相手からも「こんにちはー」と返ってきてから、ようやく会話が成立すると思っている人が多いのかもしれません。

しかし、たくさんの男性からメッセージをもらうような人気の女性会員の場合はとくに、そんなどうでもいい一言メッセージはスルーしてしまいます。返信がほしいなら、「つかみ」が大事です。

会うこと前提

驚くことに最初から「会うこと」前提で話を進める、アグレッシブすぎる男性たちもいます。「美人だったので、ぜひ会いたいです^^」とか「土日なら空いてますかー?」などの先走ったメッセージは、女性に恐怖を与えてしまいます。

共感力がない

もう1つ、男性に不足しやすい能力として「共感力」があります。

つまり、相手に寄り添ったメッセージを送ることです。共感力がない男性は、女性のプロフィールを読んでもどう触れていいかわからなかったり、相手から返信がきてもその内容にまったく関係のない返事をしたりします。

一方、女性は共感の生き物。「それ、いいよね」「僕も好き」「わかるわかる」のような共感力は、今後メッセージのやりとりを続けていく上でも必要なものですから、ぜひ身につけておきましょう。

とりあえず初回メッセージでは、「相手のプロフィールからワードを拾う」習慣をつければOKです。

【女性編】男性受けのよい最初のメッセージおすすめ定型文

婚活マッチングアプリには、男性より女性の比率が高いものもあるため、女性もただアプローチを待っているだけではいつまでたっても出会えないかもしれません。

女性から送る初メッセージのサンプルをいくつかご紹介します。

女性の顔

はじめまして。〇〇と申します。いいねありがとうございました♪プロフィールを拝見したら、いろいろ共通点が多かったので

ぜひお話できたらと思い、メッセージしてみました!

私もスノボが好きで、冬は毎週のように行っています。

△△さんがよく行くゲレンデはありますか??

よければお返事お待ちしております(#^^#)

女性のメッセージも、基本的には男性と同じです。できるだけ堅苦しくならず、適度にほんわかとした雰囲気の文章を心がけましょう。

共通の趣味があれば、そのことについてコメントしてみてください。女性の場合、男性よりも絵文字や顔文字は少し多めに使ってもOKです(ただし多用するのは避けましょう)。

女性の顔

こんにちは。マッチングありがとうございます✨〇〇です。よろしくお願いします!

テニスのお写真、素敵ですね。

私はどちらかというと運動音痴なのですが、テニスは1度やってみたいなーと思っています。

△△さんは都内のどのへんにお住まいですか?

私は新宿です^^

とくに共通の趣味がない場合でも、「興味はあります」アピールをすることはできます。男性は頼られるのが好きな人が多いため、自然な流れで「教えてください♪」という感じに持っていくのがおすすめです。

ちなみに写真のことについてコメントする場合、「イケメンですね」「ハンサムですね」などの直接的な褒め言葉を使うと、見た目を重視する女性だと思われてしまいますので、なるべく別の表現を使うようにしましょう。

女性の顔

はじめまして。マッチングありがとうございます♪ネイリストをしている〇〇といいます。

お写真とプロフィールを拝見して、優しそうな方だなーと思いました!

もしよければ、色々お話できたらうれしいです(#^^#)

女性の場合、これくらいのライトなメッセージでも返信をもらえる可能性は十分あります。とくに30代前半までで、見た目がある程度いい女性なら、それほど気合を入れて話題を振らなくても男性は喜んでくれるからです。

人気が集中しているわけではなさそうな普通の男性が相手なら、まずはこれくらいの軽い初メッセージで様子をうかがうのも1つの方法だと思います。

男性が言われてうれしいメッセージフレーズ例

男性がメッセージで言われてうれしいフレーズの一例です。

男性が喜ぶフレーズ
  • 写真のセンスがいいですね
  • 自己紹介(プロフィール)がとても魅力的だったので
  • すごいですね!
  • 興味があるので、よければ今度教えてください
  • お疲れさま

男性は女性と比べて、「能力」を認めて褒めてもらいたい願望があるため、たとえば「写真の撮り方がどれも素敵ですね」とか、「ファッションのセンスが素敵だなと思いました」などの一言は、とても刺さる可能性があります。

同じく「自己紹介が魅力的」というのも、その男性の文章能力や人柄全体を評価することになるため、とてもおすすめです。

また、単純だけれど男心をくすぐるフレーズとしては、「すごい!」とか「さすが!」などがあります。メッセージの中で、もし男性がプチ自慢のようなことをしてきた時には、「あーハイハイ」とスルーせずに必ず反応してあげましょう。よく知らないことであれば、「くわしく教えてください」と言うのも大変効果的です。

あとは、夜にメッセージを送る場合は「お疲れさまです^^」の一言があると、ベタながら心に響く男性が多いと思います。まさに、そのように癒してくれる場を求めて婚活している男性が多いからです。ぜひ使ってみてくださいね。

女性が気をつけたいNGメッセージ

婚活マッチングアプリで女性が送りがちなNGメッセージは、以下の3つです。

NGメッセージ例
  • 長い
  • 重い
  • キャピキャピしている
男性が一言だけの軽すぎるメッセージを送りがちなのに対して、女性は逆に長くてくどくどしたメッセージを送る人が多い傾向にあります。

いきなり10行以上にわたる濃いメッセージを送りつけてしまうと、男性が引いてしまいかねませんので、最初はなるべく短めで重苦しくないメッセージを心がけましょう!

とくに「ずっと婚活しているんですけど、なかなか出会いがなくて…」とか、「なんとしても今年中にゴールインしたいと思ってます!」のような文章を送るのはNGです。

かといって、若すぎるキャピキャピしたメッセージも「この子、ほんとに結婚を考えてるのかなー」と不安に思われるため、良くありません。ギャル文字や、個性的すぎる顔文字などは使用を控えたほうが無難です。

2回目以降のメッセージで途切れずうまくやりとりしてデートまでもっていく流れ

婚活マッチングアプリのメッセージからデートまで

婚活マッチングアプリで難しいのは、最終的にデートに漕ぎ着けられるまで、途切れることなくメッセージのやりとりを続けることです。

まだ見も知らぬ者同士ですから、どんなにがんばってもうまく話が盛り上がらないこともあります。もちろん、相性も大きいでしょう。

ただし、スムーズにやりとりを続けるためのコツはいくつかありますので、ぜひ取り入れてみてください。

STEP.1
メッセージの文字数・送る頻度・テンションなどは相手に合わせる

ファーストメッセージに返信をもらえたら、2通目からは「相手に合わせる」ことが基本です。

ポイント
  • 相手のメッセージが5行くらいなら、自分も5行くらい。
  • 1日に1回返信がくるなら、自分もそのペースで
  • 相手が絵文字や顔文字をたくさん使うなら、自分もある程度は使う。

こんなふうに、文字数・頻度・テンションなどをなるべく相手に合わせたほうが、相手は居心地のよさを感じやすいです。

メッセージを送る時間帯も、できるだけ相手の生活リズムに合わせるようにしましょう。普通の会社員の人に、深夜に送ったりするのはNGです。

STEP.2
相手の話に触れて盛り上げる

メッセージのやりとりでもっとも重要なのが、「相手が書いてきた内容にかならず触れる」ということです。当たり前のようですが、意外とこれができていない人が少なくありません。

せっかく送ったメッセージについて何の反応もないと、「この人、本当に自分に興味あるのかな?」と疑わしくなりますし、なんとなくさみしくもなります。質問しておいて、答えが返ってきたらそれは放っておいてまた次の話題に移る、というのも良くありませんね。

どうしていいかわからない人は、相手のメッセージからワードを拾うようにすることを意識してみましょう。

STEP.3
テッパンネタをためしてみる

何度かメッセージ交換をして、そろそろ話題が尽きてきたなーという場合は、話が盛り上がりやすい「テッパンネタ」を入れてみましょう。

鉄板ネタ文例
  • 子供のころの悲しかった話・失敗談(ディープすぎるのはNG)
  • 昔はやったアニメ・ゲーム・おもちゃなど(とくに同年代の場合に有効)
  • 地元ネタ(出身地や住所が近い場合)
  • 食べ物ネタ(たいていの女性は好き)
  • ペットネタ(ペットを飼っている人・動物好きな人に有効)

ほかにも、相手の興味に応じてネタはいくらでもあります。大切なのは、何か話題を振ってみて、それに相手が食いついてくるかどうかを見極めることです。興味があって語りたいことなら、自然と文字数も多くなります。

STEP.4
徐々にディープな話にもっていく

メッセージを通して仲良くなってきたら、少しずつ核心に迫る話に移行することで、より親密度が増します。たとえば以下のような話題です。

  • 過去の恋愛や付き合った人数
  • バツイチなら離婚の原因
  • 身内や兄弟の話
  • 結婚後の生活、子供は何人ほしいか、など
こうした話ができるようになったら、かなり心を開きあっている証拠です。お互いの趣味や仕事、生活などについての話が一通り済んで仲良くなれた実感があれば、まずは自分から少しディープな話をしてみるといいかもしれませんね。

マンネリになってきたら、写真を送る

婚活マッチングアプリの上級者になると、相手の興味を惹きつけておくために、うまく写真を利用します。

当サイトがおすすめする婚活マッチングアプリも、メッセージに写真を添付できるものが多いです。

婚活マッチングアプリメッセージへの写真添付の可否
Omiai
(メッセージのやりとりを2往復以上した場合)
ブライダルネット
ゼクシィ縁結び×
ユーブライド
(プレミアムオプションのみ)
マリッシュ

「ゼクシィ縁結び」のみ、画像を添付する機能がありませんが、ほかのアプリでは可能です。「今日はこんなところに行ってきました♪」とか「こんなごはんを食べました!」など、好きな写真をメッセージとともに送れますので、マンネリ防止にとても効果的です。

プロフィールに載せているのとは違う、最新の自分の写真も送れますので、髪を切ったりオシャレをしたりした時にはぜひ送ってみましょう。

STEP.5
さりげなくデートに誘う!

お互いに何度もメッセージのやりとりをしているうちに、「あっこの人優しい人だな…。」とか「この人なら会うかも…。」など、実際に会うことを真剣に意識し始めます。

そうなってきたらデートに誘う絶好のチャンスです!

さらに詳しく説明していきます!

成功率の高い「初デート」の誘い方【例文】

婚活マッチングアプリの初デートの誘い方

メッセージ交換に成功したら、次の目標はリアルに会うことです。しかし、メッセージでいろいろ話してはいるものの、「どうやったら自然に初デートに誘えるのかわからない…」と悩める方も多いと思います。

そこで、初デートの上手な誘い方について男女別に解説していきます。

男性から女性を初めてデートに誘う場合のメッセージ例文

初デートは、基本的に男性から女性を誘うのが最もナチュラルでスマートです。

まず覚えておきたいのは、「婚活マッチングアプリで出会っている以上、誰でもリアルに会うことを想定している」ということ。ですから、初デートに誘うメッセージもそれほど堅苦しく考える必要はないのです。

むしろ大切なのは、誘うまでの流れや、会う場所のほうかもしれません。たとえば、好きな食べ物やおすすめのレストランなどの話をしている流れで、お食事デートに誘う、というような展開が理想的です。

男性の顔
〇〇さんはイタリアンがお好きなんですね。僕が今まで食べたイタリアンの中で、1番おいしいと思ったお店が△△にあります。
雰囲気もいいので、すごくおすすめです^^
わぁ、そうなんですね!ぜひ行ってみたいです!
男性の顔
よかったら、今度一緒に行きませんか?

このように、女性から「美味しそう」とか「ぜひ行ってみたい」という言葉を引き出せたら、もうこちらのもの。その流れで、さりげなく誘えばOKです。

食事以外でも、居酒屋・バー・カフェ・映画・水族館・プラネタリウムなどなど、相手の趣味に合わせてさまざまなデートの誘い方ができますが、初回は明るい時間帯に人目のあるところで会ったほうが相手に警戒されずに済みます。できれば「ランチ」、もしくは「カフェでお茶」のどちらかにするのがおすすめです。

それでも、ネットで出会った男性と初めて会うことに対して、普通の女性は多少不安を覚えます。そこで、「ランチだけいかがですか?」とか「2時間くらいお茶しませんか?」のように、最初は短時間であることをアピールすると、女性も安心するでしょう。

女性から男性を初めてデートに誘う場合のメッセージ例文

初デートの誘いは、基本的に男性からしてほしいところですが、男性のほうもなかなか誘うきっかけをつかめないことがあります。とくにマジメな男性ほど、「急に誘って嫌われたくない」という思いから、必要以上に慎重になってしまうのです。

そんな時は、女性側からデートに誘うというよりは、「私はデートOKですよ」というアピールをして、相手に誘いやすくさせることをおすすめします。

たとえば食べ物の話になった時に、

女性の顔
いいですねー。そのお店、私もいつか行ってみたいです^^

と返せば、男性は「じゃあ一緒に行きませんか?」と誘いやすくなります。とにかく、男性がおすすめするものに興味を示して、「そこ行ってみたい!」と無邪気に言うのが一番です。

ほかには、こんなトスの上げ方もあります。

女性の顔
〇〇さんとお食事できたら楽しそう^^

こんなふうに仮定法を使うことでも、相手に誘うチャンスを与えることができます。

それでもなかなか誘ってくれない男性には、もっとストレートに

女性の顔
美味しそう!よかったら今度ぜひ連れていってください♪

とお願いしてもいいでしょう。それで断られるなら、最初からお付き合いや結婚などムリな相手だったということです。

「ゼクシィ縁結び」なら、初デートをセッティングしてもらえる!

ゼクシィ縁結びのコンシェルジェサービス

初デートの誘い方についてレクチャーしてきましたが、婚活マッチングアプリの中には運営側がデートの日時や待ち合わせ場所をセッティングしてくれるものもあります。

たとえば「ゼクシィ縁結び」には「お見合いオファー機能」というものがあり、自分で直接誘わなくても、相手のもとにデートのお誘いがあった旨の通知が届きます。

また、相手がOKしてくれた場合、日程や場所の調整も代行してもらえますので、「どんなカフェがいいのかわからない…」という方も利用してみるといいですね。

お見合いオファー機能を利用するメリットとしては、ほかにも「連絡先を交換しなくても待ち合わせができる」「約束をすっぽかされるリスクが低い(無断キャンセルや当日キャンセルは原則不可)」などがあります。

また、お断りされる場合も、直接「ごめんなさい」されるよりはコンシェルジュを経由したほうが、お互いにイヤな思いをしにくいはずです。

マッチングアプリの初デートの誘い方から告白までのテクニック大公開!! マッチングアプリの初デートの誘い方から告白までのテクニック大公開!!

婚活マッチングアプリの「最初のメッセージ」で重要な5つのコツ!

婚活マッチングアプリは最初のメッセージが肝心!

「せっかくマッチングしたはずなのに、なぜか返信がこない…」と嘆く人は多いのではないでしょうか?

それもそのはず。婚活マッチングアプリでは、わりと気軽に「いいね」を押す人も多いため、マッチングが成立=こちらに100パーセント気がある、とは残念ながら言えないのです。

とくに人気のある会員であれば、日々多くのメッセージを受け取っています。開封してみたら、みんな似たり寄ったりの文面…これでは返事がもらえなくても仕方ありません。

まずは、最初のメッセージで絶対に押さえておきたいポイントを5つご紹介します。

ポイント
  1. 礼儀正しいけれど堅苦しすぎない
  2. 短すぎず長すぎない。5~8行くらいを目安に!
  3. 相手に興味をもった理由を書く
  4. 相手の名前・プロフィールの内容・写真のことを盛り込む
  5. 質問を入れる

礼儀正しいけれど堅苦しすぎない

婚活マッチングアプリのメッセージは礼儀と親しみやすさ

婚活マッチングアプリでは、出会い系サイトや恋活アプリと比べて「落ち着いた礼儀正しいメッセージ」が好まれます。将来を共にするかもしれない人と出会う場である以上、あまりにくだけた文面や、絵文字・顔文字の多用は避けたいところです。

2通目以降は、相手に合わせて多少くだけてもいい場合もありますが、1通目はまだ相手のテンションもわかりませんので、少しおとなしめでいきましょう。

かといって堅苦しくなりすぎるのも、相手を居心地悪くさせてしまいますから、あくまで明るく、親しみやすい感じを忘れずに。最低限の丁寧語さえきちんと使えていれば、顔文字や絵文字も少しくらい使ってOKです!

短すぎず長すぎない。5~8行くらいを目安に!

婚活マッチングアプリのメッセージは、メールというより、1つの画面上でお互いにやりとりする「LINE形式」になっています。

Omiaiのメッセージ画面

Omiai 公式サイト より

そのため、普通のメールと同じ感覚で書くと長くなりすぎてしまいます。かといって、友達へのLINEのように1行や2行で済ませるのも失礼ですから、最初は大体5~8行くらいを目安にしてみましょう。

相手に興味をもった理由を書く

男性の顔
犬飼っているんですね!チワワですか?僕も犬が好きなので思わずメッセージしました^^

婚活マッチングアプリを利用している人の多くが、マッチングした相手に対して「なぜ自分に興味をもってくれたのか?」を知りたがっています。

たしかに自分の身に置き換えて考えても、「山ほどいる会員の中からどうして自分に『いいね』してくれたのかな?」と気になりますよね。

ですから、初回のメッセージでは相手に興味をもった理由を書くのがおすすめです。それほど難しく考えず、「趣味が同じだった」「写真が素敵だった」などの簡単な理由でかまいません。

また、女性で容姿を褒められてうれしくない人はいませんので、素直に「写真がタイプだったので…」と伝えるのもアリです。

ただ婚活マッチングアプリであることを考えますと、見た目のことだけではなく、「優しそうな女性だと思ったので」「自分も〇〇(趣味や食べ物など)が好きなので」など、外見以外のことも付け加えたほうがベターです。

相手の名前・プロフィールの内容・写真のことを盛り込む

顔がはっきり写っている写真

婚活マッチングアプリのメッセージでは、コピペだと思われないことも重要です。

そのためには、「〇〇さん」と相手の名前を入れたり、相手のプロフィールに書いてあることに触れたりするなどして、メッセージにオリジナリティをもたせましょう。

また、プロフィールにアップしている写真についてコメントするのもいいことです。「猫ちゃんの写真かわいいですね^^」とか、「〇〇に行かれたんですね。僕も好きです!」などと書くと、「この人はちゃんとプロフィールを見てくれているんだな」と思ってもらえます。

逆に絶対やってはいけないのは、プロフィールに書いてあることをわざわざ聞くことです。とくに「今いくつですかー?」「趣味は?」など、プロフに載っている基本的な情報を質問してしまうと、「この人は適当に誰彼かまわずメッセージを送っているな」と思われてしまいます。

質問を入れる

メッセージには質問を入れる

超定番ともいえるテクニックですが、メッセージの中に相手への質問を入れると、返信をもらえる確率がアップします。

たとえば映画が好きだとプロフィールに書いてある人には、「最近どんな映画を見ましたか?」。登山が好きな人には、「どのあたりの山を登られているんですか?」など、あいてがよろこんでおしえてくれそうなことをきくのがぽいんとです。

具体的な質問があると返信しやすくなりますし、「自分に興味をもってくれているんだな」と思ってもらえます。

初回メッセージはこれら5つのコツに気を付けると格段に返信してもらいやすくなるピヨ!!

次は初心者がやりがちなダメメッセージピヨ!!

ダメなメッセージの典型例

婚活マッチングアプリのダメメッセージ

「何人かにメッセージを送っているのに、全然返事がもらえない!」と嘆いている人は、もしかしたら典型的な「ダメメッセージ」を送ってしまっているのかもしれません。

まずは、以下の3パターンに当てはまるメッセージを送りつけていないかどうか、一度チェックしてみてくださいね。

短い・つまらない

こんにちは
はじめまして!よろしくお願いします!
「いいねありがとうございます!!よろしくでーす
プロフ見て趣味とか似ていたので、よかったら話しませんかー?
美人ですね!ぜひ仲良くなりたいです!

これらはすべてダメメッセージなのですが、理由はわかりますか?

まず、どれも1行か2行で短すぎ。そして、どう返信していいのかわからないくらい、内容が薄すぎます。

相手の名前も入っていなければ、質問も何もない。「だから何?」「本当にプロフィール見てくれたのかな?」と思われてしまうメッセージの典型です。

画面の見た目がLINEと似ているため、つい同じ感覚であいさつだけ残す人も多いのですが、ここはあくまで婚活マッチングアプリ。「こんにちは」だけ投げられても、相手も困ってしまいます。

長い・いきなり重い

婚活マッチングアプリの長文メッセージ

短すぎるメッセージもダメですが、逆に長すぎるのも問題です。

アプリではなくブラウザでアクセスする婚活サイトであれば、ある程度の長さのメールを送ってもOKなのですが、LINE形式でやりとりするアプリの場合、10行を超えただけでも「長っ!」となってしまいます。

しかも、1通目からいきなりディープな話を始めるのは絶対NGです。婚活への真剣度が高いあまりに、履歴書のように長~い自己紹介を書いたり、「自分の結婚観」について語ったりする人が実際にいます。

一目見ただけで「あっ、面倒くさそう」と思われてしまいますので、最初は簡潔でさわやかなメッセージを心がけましょう。

コピペだと思われる

こんにちは!いいねありがとうございます!

プロフィールを拝見して、とても素敵な人だなと思いました。

結婚につながる出会いを真剣に探しています。

まずはメッセージでお互いのことを色々話せたらうれしいです!

どうぞよろしくお願いします

一見すると何の問題もないように見えるメッセージですが、「これと同じ文面を1日10人に送っています」と言われても納得できるほど、まったくオリジナリティがありません。

相手の名前も入っていなければ、具体的なプロフィールの内容にも触れていない。これではコピペと勘違いされても文句は言えないですよね。

「自分に向けて書かれたメッセージ」かどうか、人は読んだだけでなんとなくわかるものです。手抜きせず、一人ひとりのプロフィールをしっかり見た上で、その人だけにあてたメッセージを書きましょう。

婚活マッチングアプリ別のメッセージのコツ・攻略法

婚活マッチングアプリによってメッセージのコツは微妙に違います。

下記の記事ではアプリ別のメッセージのコツを詳細に説明しておりますのでぜひご覧ください。

youbrideのメッセージの書き方のコツ ユーブライド(youbride)のメッセージの書き方のコツ!良い文例・悪い例 ペアーズ(Pairs)のメッセージで初デートにもっていくコツ ブライダルネットで初デートに持ち込むメッセージのやりとりのコツ ブライダルネットで初デートに持ち込むメッセージのやりとりのコツ マリッシュでマッチング後に上手くいくメッセージのやりとりから初デートまでの流れ マリッシュでマッチング後に上手くいくメッセージのやりとりから初デートまでの流れ

メッセージのやりとりで困ったときの対処法

婚活マッチングアプリのメッセージで困ったときの対処法

婚活マッチングアプリでメッセージのやりとりをしていると、「こんな時はどうしたらいいんだろう?」と思うことがきっと出てくると思います。

そんな時のヒントをアドバイスしていきますので、困った時はぜひ読んでみてくださいね。

メッセージの返信がこない時の対処法

そもそも送ったメッセージに返信がこないことがありますが、この場合の対処法はシンプルで、「来なくても別に普通」と思うことです。

どんなに完璧なメッセージを送っても、100パーセント返事がくるとは限りません。その時のタイミングなど運の要素もありますから、たとえ返事がなくても「自分に魅力がなかったんじゃ…」と落ち込む必要はまったくナシです。

ムダに落ち込まないためにも、「アプローチは同時進行が基本」と心得ましょう。常に何人かに声をかけていれば、そのうちの1人から返事がなかったからといって気にすることもありません。

ちなみに女性の場合、男性が無料会員のままですと返信がこないことがあります。プロフィールを閲覧して「いいね」を送るところまでは無料でできても、メッセージの送受信は有料になっているアプリが多いからです。

いずれにしても、こちらができることはありませんので、返事がなければ「はい次!」が正解です。

返信が遅いときは

「やりとりはできているけれど、相手からの返信が遅い」という悩みを抱える人もいると思います。

この時、絶対にしてはいけないのが相手を急かすことです。「今は仕事が忙しいのかもしれない」「疲れているのかもしれない」など、常に想像力をもつようにしましょう。

また、返信のタイミングは本当に人それぞれです。受け取ったら反射的にすぐ返す人もいれば、ゆっくり返信できる余裕のある時まで寝かせておく人もいます。どちらが真剣かという問題ではないため、相手のタイミングに合わせるようにしましょう。

ただし、毎回2~3日も間が空くようであれば、相手のあなたへの気持ちはそれほど強くないかもしれません。その時は何も言わずいったん距離を置いて、相手からアプローチがあるかどうか確認してみるのも1つの手です。

メッセージでどのような話題を話せばうまくいくのか?

「何を話せばいいのかわからない!」という方もいると思いますが、あまり難しく考える必要はありません。

基本的には、相手のプロフィールや返事の中に書かれていることをピックアップして、それについて質問したりコメントしたりしながら、話を盛り上げていけばOKです。

相手に質問してばかりですと、ただのインタビュアーのようになってしまいますから、適度に自分の話を入れることも忘れずに。「僕は〇〇ですけど、△△さんはどうですか?」のような感じです。

どうしても話題に困った時は、上でご紹介したテッパンネタもためしてみてくださいね。

長文メッセージは嫌われる?適切な文字数やボリュームは?

メッセージの長さは、話の盛り上がりの程度や、相手の性格などにもよります。

初回のメッセージは、長くても8行くらいまでにとどめたいところですが、2回目以降は相手の文字数を見ながら調整していくといいでしょう。短文を何度もやりとりするスタイルの人もいれば、1回ごとにある程度長いメッセージを送りたがる人もいます。

長文メッセージを送る場合は、なるべく読みやすいように行間を空けることと、内容が冗長にならないようにすることを心がけてください。

LINE交換や連絡先を聞くタイミングは?

婚活マッチングアプリで仲良くなったら、メッセージから「LINE」へと移行するカップルが多いと思います。LINE交換ができれば、通話したり動画を送ったりもできますし、場合によってはアプリの有料会員をやめてもいいかもしれません。

LINE交換を切り出すタイミングは、単純に期間で決めるのは難しく、あくまで2人の関係性によります。十分に話が盛り上がって、いい雰囲気になっているのであれば、LINE交換を持ちかけても断られる心配はないでしょう。

そのタイミングを見きわめるためには、「メッセージの返信頻度が高くなってきた」「メッセージの中に絵文字や顔文字が増えてきた」など、相手のテンションが上がってきたかどうかが1つの重要なポイントです。

「鉄は熱いうちに打て」ではありませんが、相手のテンションが高いうちにLINEに移行するのがもっともスムーズでしょう。

その際は、自分のIDを先に伝えるのがマナーです。

この人は危険?安全?見極めるチェックポイント!

婚活マッチングアプリは、恋活アプリや出会い系サイトに比べると会員の質は高めではありますが、中には危険な人もいないとは言い切れません。

LINE交換をしたりデートの約束を取り付けたりする前に、相手が本当に安全な人なのかどうかをしっかりジャッジすることが大切です。

たとえば、以下に当てはまるものがないかどうか、ぜひチェックしてみてください。

LINE交換を提案してくるのがやたらと早い

1回目や2回目のメッセージでLINE交換を持ちかけてくる人には、少し用心しましょう。単に婚活マッチングアプリのセオリーを知らないだけ、という可能性もありますが、「数うちゃ当たる」とばかりに、誰にでも手当たりしだいにアプローチしているかもしれないからです。

また、数は少ないものの、LINE IDの収集業者や、ネットワークビジネスの勧誘業者の可能性もあります。

こちらからの返信を待たずにメッセージを乱射してくる

こちらが返信する前にどんどんメッセージを送ってくる人も、問題アリな場合が多いです。よほどヒマなのか、結婚を焦っているのか、空気が読めないのかはわかりませんが、いずれにしても関わらないほうが無難でしょう。

とくに、夜中など非常識な時間帯にメッセージを送りつけてくる人とは距離を置くことをおすすめします。

初デートから個室居酒屋やドライブなどに誘ってくる

初デートはできるだけ昼間、人目のあるカフェやレストランなどでセッティングするのがマナーです。

最初から2人きりになろうとしてくる男性は遊び目的の可能性がありますので、とくに女性は注意してください。

結婚とは関係のない話題を振ってくる

美容・ビジネス・副業・パーティーなど、結婚とは関係のない話題をやたら熱心に語ってくる人は、「業者」の可能性があります。

ビジネスの勧誘をされたり、最悪の場合はデート詐欺に遭ったりするリスクもあるため、少しでも言動に「おかしいな」と感じるところがあれば、会う約束をしないように気をつけましょう。

敬語からタメ口へのタイミングは?

婚活マッチングアプリでは、最初は敬語や丁寧語を使ったほうが印象は良くなりますが、ある程度仲良くなってから「タメ口」に移行するのはもちろんアリです。

といっても、ある日突然くだけた口調に変わるのも不自然ですから、基本的には「徐々に」ということになるでしょう。会話が盛り上がっていく中で、自然にタメ口にシフトできるのがベストです。

また、相手の口調に合わせることも意識してみてください。礼儀を重んじるマジメな人であれば、しばらくメッセージ交換を続けていても、なかなかタメ口にはならないかもしれません。

逆に堅苦しい雰囲気が苦手なフレンドリーな人であれば、わりと早い段階で敬語は使わなくなりますので、相手からもらった最新のメッセージを基準にすると間違いがないと思います。

ただし婚活では、タメ口に移行してからも相手を呼び捨てにするのは少し馴れ馴れしすぎるかもしれません。少なくとも実際に会うまでは「〇〇さん」と呼んだほうが無難です。

相手の名前はちゃん付け?さん付け?

相手の呼び方は、男性・女性を問わず「さん付け」にすることをおすすめします。

男性の場合、相手が年下の女性ですと「〇〇ちゃん」と呼びたくなりますが、これがお見合いの場だと想像すれば、相当おかしいことがわかると思います。最近の時代の風潮からいっても、会ったばかりの女性をちゃん付けで呼ぶのはマナー違反といえるでしょう。

ただし、これも相手のキャラによりますので、もし相手が「さん付けなんて堅苦しいからイヤ」というタイプであれば、もちろん臨機応変に対応する必要があります。たとえば、相手がこちらのことを「〇〇(ニックネーム)って呼んでもいい?」と聞いてきたりした時は、こちらも「じゃあ〇〇ちゃんって呼んでもいいかな?」と提案してみるといいですね。

メッセージの最適な頻度・ペースは?

婚活マッチングアプリの「メッセージ頻度」について悩む人も多いと思います。

これも相手の仕事の状況や、心地よいと感じるペースに合わせるのがベストではあるのですが、少なくとも最初のうちは「1日1回」くらいの頻度が理想的です。あまり頻繁にやりとりするのもお互い負担になりますし、話題もあっというまに尽きてしまいますので、「1日1往復できれば十分」と考えるようにしましょう。

その後、しだいに仲良くなっていったら、もう少し回数を増やしてもかまいません。とくに相手のテンションが上がってきて、返信のスピードが早くなったら、こちらもそれに合わせるようにします。LINE交換を提案するのも、相手の返信が早くなった時がベストです。

メッセージで本名を聞いても大丈夫?

真剣に婚活するのであれば、相手が信用できる人物であると確信した上で、なるべく会う前に本名を教えあいましょう!

婚活マッチングアプリで出会った人との初デートは、基本的に「お見合い」と同じです。だとすれば、事前にフルネームも知らない人とお見合いするのは不自然ですよね。

婚活マッチングアプリのメッセージはセキュリティもしっかりしていますので、安心して名前を伝えてOKです。もしくは、LINEのほうで教えるのももちろんかまいません。

ただし、相手が「会った時に教えたい」と希望している場合は、それに合わせましょう。その時、免許証や保険証などを見せながら自己紹介すると、お互いに信用できますのでおすすめです。

メッセージをやりとりしてから会うまでの期間

どれくらいメッセージ交換をしてから初デートをするかについては、これといった決まりはありません。すぐに意気投合して仲良くなるカップルもいれば、打ち解けるのに少し時間がかかるカップルもいるでしょう。

ですから、「何回」とか「何週間」で判断するのではなく、お互いが「会いましょうか」という雰囲気になっているかどうかがポイントです。

参考として、人気の婚活マッチングアプリ「Omiai」の男性ユーザーを対象としたアンケート調査によると、どれくらいで初デートに誘うかは年齢によっても異なることがわかりました。

20歳~24歳の男性は、マッチングから「3日以内」と「1週間以内」が合わせて全体の「45.8%」を占めているのに対し、35歳~39歳の男性では「半月以内」「1ヶ月以内」「1ヶ月以上」を合わせて「81」%になっています。

婚活マッチングアプリでどれぐらいの期間でデートに誘うか?

リサーチリサーチ 「初デートの誘い方×タイミング・男女600人のリアルを徹底調査」参照

つまり、年齢を重ねれば重ねるほど、初デートまでの期間にゆとりをもたせる人が多いようです。これは、若い男女ほどメッセージ交換も活発で、あっというまに会う話になることも一因ではないかと思われます。

もしお互いに30代以上という場合は、あまり焦らず、まずはメッセージでゆっくり仲良くなってからデートをセッティングしてもいいかもしれませんね。

婚活マッチングアプリで付き合うまでの平均期間と平均人数 婚活マッチングアプリで付き合うまでの平均期間と平均人数

初デートに持ち込めたら服装や場所はどうする?

初デートでいきなり二人きりの車やましてや家で会うなんてのはだめです。警戒されるばかりか、非常識だなと思われてドタキャンされることもあります。

婚活ですから初めて会う際は、お酒がなくゆっくりできるカフェやラウンジ、お昼のランチぐらいがよいでしょう。

お会計はもちろん男性が全額出すのが無難です。

マッチングアプリデートでおすすめの場所と服装 婚活マッチングアプリではじめて会う際におすすめの場所や服装

相手から質問してもらうコツ

メッセージ交換を盛り上げてデートにつなげるためには、こちらから質問するのはもちろんのこと、相手からも質問してもらえるのが一番です。

相手から質問がまったくこないと、「自分に興味をもってくれていないのかなあ」と不安にもなりますよね。

とはいえ、中には控えめな性格で、なかなか相手に質問ができないタイプの人がいるのも事実。ですから、メッセージでこちらから「質問があったら、どんなことでも遠慮なく聞いてくださいね」と一言伝えておくのがおすすめです。それだけでも、質問しやすい雰囲気をつくることができます。

ただし、「まずは会ってみないと…」という考えの人もいますので、あまり質問がこなくて盛り上がらない場合は、思いきって一度デートに誘ってみるのも1つの方法です。実際に会って相手を気に入ったとたん、一気にテンションが上がって質問の数が増えた、というケースもあります。

めんどくさい、つまらないと感じたときの対処法

やる気満々で始めたはずの婚活マッチングアプリなのに、メッセージ交換をしている途中で、なんとなく「めんどくさい」「つまらない」と感じることもあると思います。

その理由の1つは、「相手のことをそんなに気に入っていないから」です。本当に超タイプで、なんとしても会いたいと思えるような相手であれば、つまらなく感じることはないでしょう。

この場合は、どんどんほかの異性も検索して、「この人だ!」と思える相手を探すべきです。

ほかには、「メッセージのやりとりが長くなってきて、飽きてきた」という理由も考えられます。この場合、どちらかが思いきってデートに誘わないと状況は変わりませんから、ぜひ会う話を提案してみてください。

ちなみに、「つまらない人と会うべきか」という問題もありますが、せっかく初デートの話が出ているのなら、一度会ってみることをおすすめします。メッセージの内容は退屈でも、実際に会ったら魅力的な人はいくらでもいるからです。

逆に、メッセージでは楽しい人だったのに、会ったら無口だった、というパターンもよくあります。やはり本当のところは、リアルに会ってみないとわかりません。

結婚したいけどめんどくさいと思っている人におすすめの婚活方法 結婚したいけどめんどくさいと思っている人におすすめの婚活方法

未読スルーや放置されることの意味

せっかくメッセージを送ったのに、未読スルーや既読スルーされると、誰でもへこんでしまうと思います。

そして、「どうして無視されたんだろう?」と理由をいろいろ考えてしまうのですが、正直に言って、それはムダな作業です。どんなに考えても相手の事情はわかりませんから、気にせず次に行くのがベストなのです。

もしかしたら、すでに相手はいい人を見つけたのかもしれない。もしくは、有料会員をやめてメッセージに返信できない状態なのかもしれない。はたまた、仕事が忙しくて婚活マッチングアプリどころではなくなったのかもしれない…。

返事がこない理由なんて、このようにいくらでも考えられますから、いちいち分析していては身がもちません。

もし、誰にメッセージを送ってもすべてスルーされるのなら、「何かメッセージに問題があるのかもしれない」と考えてみることも大事ですが、そうではないなら深く悩まないことです!さくさく次に行きましょう!

メッセージで名前間違いは絶対NG!

婚活マッチングアプリのメッセージで絶対にやってはいけないことの1つが、「名前の書き間違い」です。

漢字間違いだけでも十分に失礼ですが、ほかの異性の名前と間違えるのはとくにNG。もうそれだけで、次の返信はもらえないことを覚悟したほうがいいでしょう!

複数の人と同時進行でメッセージのやりとりをしていると、つい間違えそうになりますが、かならず「誰に宛てているのか」を確認しながら書いてくださいね。

メッセージで会うまでに聞いておくべきこと

婚活マッチングアプリの会員の質は全体的に高めではありますが、中にはプロフィールを偽っている人もいないとは限りません。

実際に会う前に、最低でも以下の3点はしっかり確認しておくことをおすすめします。

  • 本名
  • 仕事の詳細
  • プロフィールで回答されていないところ

結婚相手の候補と会うのに、本名がわからないままという状態はやはり問題があります。基本的にはリアルで会う前に、お互いフルネームを名乗り合うべきでしょう。ただし、相手が「会った時に教え合いましょう」と提案している場合は、融通をきかせてください。

仕事についてのくわしい情報も聞いておきたいところです。中には身分を偽っている人もいますので、どこの会社員なのか、公務員なら具体的にどこで働いているのか、などをできるかぎり教えてもらうようにしましょう。

また、相手のプロフィールの中に「無回答」の項目がある場合、それについて突っ込んでたずねてみるのもいいことです。回答していないということは、その設問に関して何か複雑な事情があるのかもしれません。

ちなみに、本名を聞いたらぜひやってみてほしいのがネット検索です。Facebookのページや職場関係のサイトなどがヒットすれば、相手のプロフィールが正しいかどうか判断する材料になります。

写真も、できればアプリに掲載していないものをお互いに送り合っておくと、本当に本人であることがわかって安心です。

メッセージでピンと来ない人の角を立てない断り方

「何度かメッセージをやりとりしたけれど、どうもピンとこない…」ということも普通にあると思います。

そういう動物的な勘のようなものは、男女の仲においては意外と重要です。「フィーリングが合わない=生理的に受け付けられない」ということでもありますから、とても結婚にはたどり着けないでしょう。

本当は、メッセージに返信しないことが暗黙の了解となり、そのままフェードアウトしていくのが理想的なのですが、それでも相手がめげずにメッセージを送り続けてくることもあります。そんな時は、できるだけ角を立てずにお断りすればOKです。

もっとも効果的なのは、「じつは別の方とご縁があり、お付き合いすることになりました」という理由ですが、もっとやんわりいくなら「婚活に疲れてしまったので、少しアプリをお休みしたいと思います」のような内容がおすすめです。

もし、その後もしつこく連絡が来るようであれば、アプリのブロック機能を利用してください。

一旦途切れた後久しぶりに連絡してもよいか?

イマイチ話が盛り上がらなくて、いったんやりとりが途切れた相手に、時間を置いて「もう一回連絡してみようかな」と思うこともありますよね。

結論からいうと、それはあり当日に

それはアリです!

人と人との関係性にはタイミングもあるため、以前はうまくいかなかった相手とも、時間を置けばスムーズに仲が進展することもあります。ですから、まだ相手が退会していないのなら、まずはご機嫌伺いのメッセージを一通送って様子を見てみましょう。

その場合、「以前はやりとりが途切れてしまいましたが…」などの前置きは不要です。「お久しぶりです!お元気ですか?こちらは仕事のピークも落ち着いて…」など、何事もなかったようにあっけらかんと明るいメッセージを送ってみてください。

誕生日にメッセージを送るのは気持ち悪い?

アプリによっては、生年月日の公開・非公開を選ぶことができます。

もし相手が公開していて、すでにメッセージのやりとりを開始している場合は、「誕生日おめでとうございます!」と送ってもまったくかまいません。むしろ、「ちゃんとプロフィールを見ていてくれてるんだな」と思い、好印象につながるでしょう。

もしくは、すでにマッチングしている相手で、これまでのメッセージの中で誕生日を教えてくれている場合も、当日にメッセージを送ってOKです。むしろ送らないと、「忘れられたんだな」とガッカリされてしまうかもしれません。

一方、まったくの初メッセージで誕生日をお祝いするのは避けたほうが無難です。これまで何のやりとりもないのに、いきなり誕生日当日に「はじめまして!誕生日おめでとうございます!」とメッセージがきたら、「ちょっと怖い」と感じる人もいるからです。

すでにやりとりがある場合のみ、お祝いメッセージを送るようにしてくださいね。

婚活で「気持ち悪い」と思われる男性の12の特徴 婚活で「気持ち悪い」と思われる男性の13の特徴

メッセージ付きいいね!でマッチ率2.5倍!?

Omiaiのスペシャルいいね!

Omiaiでは「スペシャルいいね!」、Pairs(ペアーズ)では「メッセージ付きいいね!」と呼ばれますが、通常のいいね!とは違い、メッセージを付けていいね!することができる機能があります。

通常のいいね!だと、たくさんの人からのいいねがリストで羅列されてしまうため、人気会員ほど埋もれてしまい、スルーされてしまうのですね。

そこでメッセージ付きいいね!であれば、他よりも目立たせてお相手にアピールすることができます。

Omiaiの発表によると、マッチング率が2.5倍にUPすると言われていますので、なかなかマッチングしない方は利用してみると良いと思います。

ただし、いいねの他にポイントを消費しますので別途ポイントを購入する必要があります。

Omiaiでは「いいね!1ポイント+スペシャルいいね!5ポイント」を消費、Pairsでは「いいね!1ポイント+メッセージ付きいいね!3ポイント」を消費します。

メッセージの内容から本当の意味、女心がわからない

女性は男性と違い遠回しに物を聞く傾向がありますので、何気なく質問されたことでも真の意味が理解できず、的確な回答ができないこともあります。

特に男性は鈍感な人も多く、それに答えられないとがっかりされてしまいますので、女性のメッセージやデートの際の言動にはどのような意味があるのか、下記記事で勉強してみてください。

婚活女性の女心がわからない男子必見!言葉の裏側の女の心理と正しい対応 婚活女性の女心がわからない男子必見!言葉の裏側の女の心理と正しい対応
このページではデートに漕ぎつけるためのメッセージの書き方について解説したけれど、下の婚活マッチングアプリの三大テクニック「1.写真 2.プロフィール 3.メッセージ」をよく読めばさらに結婚に近づくピヨ!!