ペアーズのブロック機能の使い方とされたかどうかの確認方法!非表示との違いも!

ペアーズのブロック機能

ペアーズの便利機能の1つに、「ブロック」があります。その名の通り、特定のお相手をブロックする機能です。似たような機能に「非表示」というのもあります。

しつこい相手を切るだけではなく、知り合いかもしれない人を見つけた時にも役立ちますので、使い方はぜひマスターしておきましょう。

この記事では、ブロック機能の使い方や、相手からの見え方、自分がブロックされたかどうかの確認方法など、ペアーズのブロックのすべてをご紹介していきます!

ペアーズアイコン
↑料金が最も安いブラウザ版↑

ペアーズのブロック機能とは?

ペアーズのブロック機能は、特定の相手との関わりを完全に断つための機能です。マッチングしていないお相手とマッチング済みのお相手、どちらにも使えます。

ブロックで得られる具体的な効果は、以下の通りです。

メリット
  • 検索結果にお互いが出てこなくなる
  • 足あとやメッセージはすべて削除される
  • 「いいね!」やメッセージの送信などが一切できなくなる

自分も相手もペアーズに存在しないことになる、それがブロック機能です。

ブロックすると相手にバレる?相手からの見え方は?

ブロックするにあたって気になるのが、「相手にバレるんじゃないか…」ということですよね。

でもご安心を。ブロックされた側には何の通知もとどきませんので、そもそもマッチング前のお相手であれば、知らない間にあなたという存在がアプリから消去されるだけの話です。

一方、マッチング後のお相手にとっては、あなたは「退会済み」扱いとなります。メッセージ画面を開くと、こんな感じです。

ペアーズの退会済み

これまでのメッセージの履歴も閲覧できなくなります。

メッセージや足あとはどうなる?

ブロックすると、相手からのメッセージや足あと、および自分が相手に送ったメッセージや足あとは全部消去されます。もちろん、「いいね!」リストからもお互い消えます。

つまり、どこからも相手のプロフィールに飛ぶことができなくなるのです。

ブロック機能の使い方

それでは、実際にブロック機能を使ってみましょう!

ブロックの手順
  1. ブロックしたい相手のプロフィールを開く
  2. 右上の「・・・」をタップして「非表示・ブロックの設定」を選ぶ
  3. 「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」を選ぶ
  4. 「設定内容を更新する」をタップする

①ブロックしたい相手のプロフィールを開く

まず、相手のプロフィールを開きます。この段階で足あとをつけてしまっても、ブロックした後は消えますので大丈夫です(最初から足あとをつけない設定にすることもできます)。

ペアーズの会員

②右上の「・・・」をタップして「非表示・ブロックの設定」を選ぶ

アプリ版の場合、プロフィール画面の右上にある「・・・」をタップすると、「非表示・ブロックの設定」が出てきます。

ペアーズのブロックの設定

ブラウザ版の場合は、プロフィールの下のほうに「非表示・ブロック」の表示がありますので、探してみてください。

ペアーズの非表示・ブロックボタン

③「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」を選ぶ

「非表示・ブロック」をタップすると、「自分の画面にお相手が表示されないようにしたい」と、「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」の2つから、どちらかを選べるようになっています。

ペアーズの非表示・ブロックの設定

この時、「自分の画面にお相手が表示されないようにしたい」を選ぶと、ブロックではなく「非表示」になりますので、相手からは相変わらずこちらが見えますし、コンタクトをとれる状態になってしまいます。

ブロックする場合は、かならず「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」を選びましょう。

④「設定内容を更新する」をタップする

「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」にチェックを入れたら、最終確認をして「設定内容を更新する」をタップします。

ペアーズの非表示・ブロックの設定

ブロックは、一度すると二度と解除できませんので、本当にするかどうか慎重に考えてから行ないましょう。

ペアーズのブロックと非表示の違いは?

非表示は、「自分の画面にお相手が表示されないようにする」ものですので、ブロックとはまるで異なります。非表示とブロックの違いを、わかりやすくまとめてみました。

非表示ブロック
自分からの相手の見え方見えない見えない
相手からの自分の見え方見える見えない(退会済み)
メッセージの送受信相手からはできるどちらもできない
相手への通知なしなし
解除いつでもできるできない

非表示は、いわば「別に大きな問題はないけれども、しばらく表示しないでおきたい相手」に使う機能です。こちらからは相手が見えなくなりますが、相手からは普通に見えていて、「いいね!」やメッセージなども送ることができます。

ただし、こちらが非表示にしている間は、相手から「いいね!」やメッセージが送られても見えません。つまり、相手にとっては「スルーされている」状態になります。

もう1つ、ブロックと非表示の大きな違いが「解除できるかどうか」ということです。ブロックは、一度すると二度と取り消せませんが、非表示はいつでも解除できます。

アプリの場合、「その他」→「各種設定」→「非表示ユーザーリスト」に進み、解除したい相手の「非表示を解除」をタップするだけでOKです。

相手からは見えてもかまわないけれども、こちらの画面に表示させたくない場合は「非表示」、相手から見つけられたくない場合は「ブロック」というふうに使い分けましょう。

ブロックされたかどうかの確認方法はある?

ペアーズでは、自分がブロックするだけではなく、誰かからブロックされる可能性も当然あります。

ブロックされると、上でもご説明したように、相手は「退会済み」と表示されます。この時、本当に相手がペアーズを退会したのか、それともブロックされているのかが気になってしまう人は多いですよね。

しかし結論からいいますと、現在の仕様では、相手が退会したのか、単にブロックされたのかの見分けをつけることはできなくなっています。

ブロックされたかどうかを確認する唯一の方法とは?

現在のペアーズで、自分がブロックされたかどうかを確実に知る方法は、以下の2つしかありません。

ブロックを知る方法
  1. 新しくアカウントを作って確認する
  2. 友達のアカウントで確認してもらう

ブロックされているのは、現在使っている自分のアカウントですから、別のアカウントでログインして相手を検索すれば、退会しているかどうかがわかります。もし退会していないのなら、検索でヒットするでしょう。

とはいえ、そこまでしてブロックされたかどうかを確認することに意味があるとは思えません。別人のフリをしてまたアプローチしても、いずれバレる可能性が高いですし、むしろネットストーカー扱いされる危険性すらあります。

相手が「退会済み」になっていたら、それ以上の詮索はせず、気持ちを切り替えて次の出会いを探しに行きましょう!

ペアーズでブロックされる理由と、されないためのコツ

ペアーズで相手にブロックされる主な理由は、以下の通りです。

ブロックされる理由
  • 足あとを頻繁につけられて気味が悪い
  • 「いいね!」「みてね!」など、何度もアプローチされる
  • 希望条件に合わない
  • メッセージで嫌な思いをした
  • 知り合いだった

同じ相手に何度も足あとをつけられたり、興味のない相手から何度もアプローチされたりすると、金輪際お断りするためにブロックすることがあります。

また、多数の異性から「いいね!」をもらっている人気会員の場合は特に、相手を選り分けるという意味で、対象外の相手をブロックすることもあるでしょう。

知り合いを見つけた場合は、もちろん問答無用でブロックです。これはお互いのために仕方ない措置といえます。

ほかにも、人によって色々理由は考えられますが、こちらがブロックされないためにできることは以下の3つです。

ブロックされないコツ
  • 足あとを何度もつけない
  • メッセージを頻繁に送りすぎない
  • メッセージの内容に気を付ける

特に注意したいのは、メッセージです。相手の都合も考えず頻繁に送りすぎたり、下ネタやタメ口などの失礼なメッセージを送りつけたりすれば、ブロックされても仕方ないでしょう。

ただし、この3点さえ守れば、基本的には気にしすぎる必要はありません。「いいね!」や「みてね!」は、れっきとしたペアーズの機能ですから、気になるお相手には送ってOKですし、それでブロックされるなら単に縁がなかったということになります。

失礼な態度にさえ気を付ければ、あとはあまり臆病にならず、どんどんアプローチしていきましょう!いつか、お互いのニーズがマッチした人にきっと出会えるはずです。

Pairsの評判・口コミ ペアーズ(Pairs)の評判・口コミをアプリ徹底調査!
ペアーズアイコン
↑料金が最も安いブラウザ版↑