婚活パーティーとマッチングアプリどちらがいいのか比較!

婚活パーティーとマッチングアプリどちらがいいのか比較!

SHARE

「婚活を考えているけれど、婚活パーティーとマッチングアプリ、どっちがいいかな?」

「パーティー向きの人とアプリ向きの人がいたら教えてほしい!」

婚活するにあたって、どの方法をメインにするかは悩みどころですよね。特に婚活パーティーとマッチングアプリは、どちらも代表的な「今時の婚活方法」ですから、どちらがいいのか迷う方は多いと思います。

そこでこの記事では、婚活パーティーとマッチングアプリのそれぞれの特徴を、色々な角度から比較してみました!

婚活パーティーとマッチングアプリの違い比較表!

まずは分かりやすく、違いを一覧表でまとめてみました。

婚活パーティー婚活マッチングアプリ
マッチング率40~50%前後30%前後
結婚率※2.9%7.4%
会員の結婚本気度やや高いやや高い
料金
  • 男性1回4,000~6,000円
    女性1回1,000~3,000円
  • 男性 月3,000~4,000円
    女性 無料~月4,000円
手間・労力足を運ぶ必要がある手軽
出会える人数1回につき8~20名程度数万人以上
安全性普通普通

ブライダル総研「婚活実態調査2019」の「婚活サービスを通じて結婚した人の割合」を参照

次に、それぞれの項目についてくわしく見ていきましょう!

マッチング率

マッチング率は、基本的に婚活パーティーのほうが高めです。

婚活パーティーでは、最後に一番気に入った人の名前を書くのですが(告白タイム)、相手も自分の名前を書いてくれたらカップル成立となります。パーティーは人数が限られていることもあってカップリング率は高く、大手のサイトを見ると40~50%が多いです。

一方、マッチングアプリは会員数が非常に多いため、「いいね!」を送っても必ず相手から「ありがとう」が返ってくるとは限りません。特に男性は、マッチング率が10%を切ることも珍しくないと思います。

婚活マッチングアプリの使い方の基本と攻略法!写真やメッセージも大事

結婚率

ここでの結婚率は、「2018年に結婚した人のうち、どれくらいの人が婚活パーティーやマッチングアプリを利用したか」という数値です。

ブライダル総研の「婚活実態調査2019」では、婚活パーティーで出会った人と結婚した人が2.9%、アプリやサイトで出会った人と結婚した人が7.4%という結果でした。アプリのほうが倍以上、成功率が高いことになります。

マッチングアプリは手軽に使えるため、パーティーよりも利用する人が多いことが一因かもしれませんね。

会員の結婚本気度

どちらも「婚活」と名がついているだけに、それなりに結婚真剣度は高い人が多いです。

ただし、どちらも身分証明書を確認するくらいで、結婚相談所のように独身証明書や年収証明書までは提出が義務付けられていません。そのため、遊び目的の人が紛れ込めるのも事実です。

実際、独身のフリをした既婚者や、ナンパ目的の人、何かに勧誘しようとする業者などの報告は、パーティー・アプリどちらにも見られます。どちらを利用するにしても、相手を見きわめる目は必要です。

利用料金

料金面では、マッチングアプリのほうが割安です。

婚活パーティーは特に男性のほうが高く、1回の参加で数千円かかりますが、アプリなら同じくらいの金額で1ヶ月使えます。しかも、女性は無料で使えるものもあります。

パーティーはカップリングが成立しなければ、短時間で数千円をフイにしてしまうことになりますので、その意味ではちょっとギャンブルといえるかもしれませんね。

婚活アプリの料金比較 婚活マッチングアプリの料金一覧&徹底比較!結婚するまでにどれぐらいかかる?

手間・労力

当然ではありますが、婚活パーティーは会場まで足を運ぶ必要があります。また、そこで初めて会う人と入れ替わり立ち替わり会話しなくてはいけませんので、終わった後はドッと疲れてしまうことも多いです。

一方、自宅や外出先などで、いつでもどこでも使えるマッチングアプリは断然ラクですね。手間・労力という点では、圧倒的にアプリのほうに軍配が上がるでしょう。

結婚したいけどめんどくさいと思っている人におすすめの婚活方法 結婚したいけどめんどくさいと思っている人におすすめの婚活方法

出会える人数

婚活パーティーは、少人数なら6~8名程度、大人数でも30名程度が平均的です。

一方、マッチングアプリは少なくても10万人以上の在籍会員数を確保するところが多いので、出会える人数はアプリのほうが多いと言えます。

安全性

どちらも身分証明書の提示だけで、独身証明書までは確認されないことが多いため、安全性は同じくらいだと思われます。

ただし、マッチングアプリの中には独身証明書や年収証明書を任意で提出できるところもありますので、そうしたアプリを選べば安全性は多少高くなるでしょう。

安心・安全な婚活アプリおすすめ3選! 安心・安全な婚活マッチングアプリおすすめ3選!証明書関係・身元重視!

困ったときのお悩みサポート力

婚活パーティーでは、会場にスタッフがいて、司会進行や声かけなどをしてくれます。ただし、婚活サポートというよりは「会話に入れない人がいないかどうかのチェック」などが中心ですので、カップリングのお手伝いのようなサービスは基本的に期待できません。

ただし大手のパーティー会社では、それ以外のサポートをしているところもあります。たとえばIBJの「PARTY☆PARTY」は、自分に合ったパーティー選びのアドバイスや、パーティー中の会話のコツなど、気になることがあれば何でも公式サイト上のチャットで相談することが可能です。

一方マッチングアプリは、個別に相談に乗ってくれるサービスのあるところと、ないところがあります。たとえばIBJの「ブライダルネット」は、担当の婚シェルがチャットで相談に乗ってくれるアプリとして有名です。「婚シェルサポート

また「ユーブライド」にも、プレミアムオプションの特典にはなりますが、「コンシェルジュサポート」というサービスが付いています。

婚活パーティーとマッチングアプリが向いている人・向いていない人

双方の特徴を踏まえて、婚活パーティーとマッチングアプリがそれぞれ向いている人・向いていない人をまとめてみました。

婚活パーティーマッチングアプリ
向いている人
  • 見た目がいい人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 手っ取り早く出会いたい人
  • スキマ時間で婚活したい人
  • 条件で相手を探したい人
  • ゆっくり関係を進めたい人
向いていない人
  • 見た目に自信がない人
  • 初対面の人との会話が苦手な人
  • すぐに会いたい人
  • すぐに連絡先交換したい人

一般的に「向き・不向き」が大きいのは、婚活パーティーのほうです。

婚活パーティーは、1人のお相手と話せる時間が短いため、数分間で自分をアピールできる「プレゼン能力」が要求されます。また、短時間で相手を惹きつけないといけないことを考えますと、容姿のいい人のほうが圧倒的に有利です。

一方、マッチングアプリは基本的に人を選びませんが、どちらかというと「内面からゆっくり知り合いたい人」に向いています。

条件でじっくり相手を探せますし、マッチング後はメッセージを交換しながら徐々に親しくなっていきますので、パーティーで自分をアピールする自信がない人にはアプリのほうがおすすめです。

ただし、パーティーはうまくいけば、その場で連絡先交換できる点が魅力といえます。どちらが自分に合っていそうか、考えてみてくださいね。

婚活パーティーとマッチングアプリは併用がおすすめ!

以上、婚活パーティーとマッチングアプリの違いについてご紹介してきましたが、どちらか1つだけに絞らないといけないわけではありません。

むしろ婚活は、取り入れる方法が多ければ多いほど成功率が上がりますので、できれば婚活パーティーとマッチングアプリを併用したほうが効率的です。

まずはマッチングアプリをスマホに入れておき、空いた時間にお相手探しをしましょう。さらに、週末の夜などに婚活パーティーにも顔を出すようにすれば、出会いのチャンスはいっそう増えるはずです!

運命の出会いはどこに転がっているかわからないもの。ぜひ、できる範囲で色々な婚活方法を試してみてくださいね。

おすすめ婚活マッチングアプリおすすめ婚活パーティ―はこちら