最短結婚!結婚相談所とマッチングアプリを併用する婚活方法

最短結婚!結婚相談所とマッチングアプリを併用する婚活方法

SHARE

「結婚相談所とマッチングアプリ、どっちを使おうか迷ってる…」

「とにかく、一番効率よく結婚できる方法が知りたい!!」

そんな方におすすめするのが、「結婚相談所と婚活マッチングアプリを併用する婚活方法」です!

そう、何も婚活は1つの方法しかやってはいけないわけではありません。むしろ出会いのチャンスを増やすためにも、できるだけ色々な婚活法を組み合わせたほうが効率は良くなります。

それでは、実際どのように併用していけばいいのか、この記事で手順や注意点などをご紹介していきたいと思います。

最短結婚を実現するための手順は3ステップ!

結婚のイメージ

まずはマッチングアプリに登録する!

最初に登録したいのは、婚活マッチングアプリです。

アプリのほうが手軽に登録できますし、多くのアプリは登録だけなら無料でできます。まずはアプリをしばらく使ってみて、どれくらいマッチングできるか様子を見てから結婚相談所への入会を検討するのもいいでしょう。

もし経済的な事情が許すのであれば、アプリは最低2つ入れることをおすすめします。女性なら無料で使えるアプリもありますので、1つは無料のもの(Omiaiマリッシュペアーズなど)、もう1つは有料のもの(ブライダルネットゼクシィ縁結びユーブライドなど)を使うのもいいですね。複数のアプリに登録しておいたほうが、当然ながら出会いのチャンスは増えます。

結婚したい人が使うべきマッチングアプリと心得ておくこと 結婚したい人が使うべきマッチングアプリと心得ておくこと

また、有料会員になる際はプラン(契約月数)を選択しますが、おすすめは「3ヶ月」または「6ヶ月」です。1ヶ月ではさすがに短すぎますし、複数月のプランのほうが月あたりの料金が割安になりますので、最低でも3ヶ月のプランを選ぶようにしましょう。

婚活マッチングアプリで付き合うまでの平均期間と平均人数 婚活マッチングアプリで付き合うまでの平均期間と平均人数

結婚相談所に登録する!

次に、結婚相談所への入会手続きをします。

ここで大切なのは、「どんな相談所を選ぶか」ということです。せっかく婚活マッチングアプリと併用するなら、なるべくサポートのしっかりしたところを選ぶことをおすすめします。

コンシェルジュが一緒に婚活計画を立ててくれるのはもちろんのこと、その後も進捗状況を確認するために定期的な面談を行なう相談所のほうが、着実に成婚に向かって進んでいけます。また、お相手探しも自分でデータ検索するだけではなく、人の手による「引き合わせ」のあるところのほうがおすすめです。

婚活マッチングアプリにはあまりないサービスがあってこそ、併用する意味があります!

参照:おすすめ結婚相談所

それぞれマッチングした人と積極的に会う!

婚活マッチングアプリと結婚相談所にそれぞれ登録を済ませたら、あとは行動あるのみです。どんどん申込みをして、マッチングした人とデート(お見合い)を重ねていきましょう。

多くの相談所では、ひと月にお見合いを申し込める件数が決まっていますので、ぜひフルに活用してください。一方、アプリも「無料でいいねできる回数」は決まっていますが、ポイントを購入することで追加いいねができる場合が多いです。いずれにしても、できるアプローチはフルにしておきましょう。

この時、なかなかうまくいかなくても、いちいち落ち込んでいてはいけません。そんなことは「婚活あるある」で、多くの人は、何人かと会う中でやっと運命の1人にたどり着けるのです。

ただ、せっかく縁あってマッチングした人とは、できれば3回くらいは会って見きわめることをおすすめします。1度や2度会ったくらいでは、本当の性格や相性がわからないからです。

このように、アプリと相談所でそれぞれデートを重ねると、当然ながら多忙を極めることになりますが、婚活は短期決戦。目まぐるしくアポを入れ続けるくらいのほうが落ち込むヒマもなくなりますし、効率よく運命のお相手を探すことができます。

マッチングアプリの初デートの誘い方から告白までのテクニック大公開!! マッチングアプリの初デートの誘い方から告白までのテクニック大公開!!

結婚相談所とマッチングアプリを併用するメリット

ここで、結婚相談所と婚活マッチングアプリを併用するメリットについて確認しておきましょう。

成婚率が上がる!

どんなに評判のいいマッチングアプリや結婚相談所でも、残念ながらすべての会員が結婚できるわけではありません。実際に成婚までたどり着ける人は、アプリでは約20%、相談所では業界全体で10%程度といわれています。

だからこそ、両者を組み合わせることで成婚率をアップさせることが可能です!

婚活マッチングアプリで結婚できる確率 婚活マッチングアプリで結婚できる確率は20%!?アンケート結果を分析!

出会いの幅が広がる!

婚活マッチングアプリと結婚相談所は、それぞれ会員層が微妙に異なるため、併用することで色々なタイプの人と出会うことができます。

たとえば、会員の質(年収や結婚真剣度など)という点では、結婚相談所のほうが一般的には上です。マジメに結婚を考えている人しか登録していませんし、独身証明書や収入証明書の提出が義務付けられているため、既婚者や業者などはまず紛れ込んでいません。

一方、マッチングアプリはよく見きわめないと玉石混交ではありますが、とにかく会員数が多いので、中には「掘り出し物」のような人もいます。「まだ相談所を利用するほどではないけれど、とりあえずアプリで頑張ってみようかな」という人は実際多いです。

両方を組み合わせることで、出会いの幅は間違いなく広がるでしょう。

出会い2 出会いがない社会人必見!4200人に聞いた男女の出会いの場TOP10!

モチベーションを維持しやすくなる!

婚活では、なかなか思うようにいかなくてモチベーションが低下してしまうことがあります。特に1つだけのアプリや、1か所だけの相談所に頼りきりになっていると、壁にぶち当たる率も高いです。

その点、複数の方法を併用していれば、どれか1つでうまくいかなくても「他のほうでがんばろう!」と思えます。婚活を最後まで乗り切るためには、モチベーションの維持が非常に重要です。

婚活につかれた、婚活をやめたいと思ったら 婚活に疲れた、婚活やめたいと思ったら立ち止まって考えるべきこと(yuzuka)

婚活では「同時進行」は大いにアリ!ただし真剣交際後はNG

婚活アプリの複数並行使い

婚活マッチングアプリと結婚相談所は大いに併用するべきなのですが、1つだけ気を付けたいことがあります。それは、「相談所のほうで真剣交際が始まったら、原則として同時進行はNG」ということです。

多くの結婚相談所では、真剣交際が始まるまでの「仮交際」の期間中は、いくらでも同時進行が認められています。むしろ、色々な異性と出会って、どんどんお見合いをすることが推奨されているはずです。

しかし、一度真剣交際のステージに入ったら、あとはその決まったお相手と成婚に向けて関係を深めることになります。相談所からの紹介もストップしますし、あとは成婚退会まで「休会」という扱いになる相談所も多いです。

もしその間に、アプリのほうで知り合った人と同時進行してしまうとルール違反となり、違約金を請求されることもありますので十分気をつけましょう。

先にアプリのほうで出会った人とうまくいきそうな場合、相談所をいったん休会するのも1つの方法です。とにかく、「真剣交際中の同時進行はダメ」と心得てくださいね。

婚活パーティーや知人の紹介など、他の婚活方法も組み合わせよう!

婚活マッチングアプリと結婚相談所の併用について解説してきましたが、もちろんこれら2つだけしか組み合わせてはいけないわけではありません。

当たり前のことですが、網は広く張れば張るほど、引っかかるお魚の数は増えます。アプリと相談所だけでも十分忙しくなるとは思いますが、もし予定のない日があれば、婚活パーティーや街コンなどのイベントにも顔を出してみましょう。

参考:出会えるおすすめの婚活パーティー3選!【口コミ1000件調査結果】

運命の出会いは、どこに転がっているかまったくわかりません。とにかく「異性のいる所には積極的に出入りする」ことが大切です!

また、知人や友人の紹介も、意外とあなどれない婚活方法の1つ。アプリや相談所に登録する前から、周囲に「これから婚活するので、もしいい人がいれば紹介してほしい」と頼んでおくといいでしょう。

ぜひ複数の網を張って、運命のお相手を効率よく捕まえてくださいね!

【1年婚活のススメ】今すぐに結婚したい人が1年以内に結婚する方法 【1年婚活のススメ】今すぐに結婚したい人が1年以内に結婚する方法