シングルマザーの婚活で子どもを幸せにするために守りたい7つのルール

シングルマザーの婚活で子どもを幸せにするために守りたいルール

SHARE

「連れ子の虐待事件が多すぎるから、再婚はやめたほうがいいのかなと考えてしまう」

「子どもが幸せになれる子連れ再婚のルールを教えてほしい!」

そんな、切実な悩みを抱えるシングルマザーの方も多いと思います。

今や、結婚する夫婦4組のうち、1組は夫または妻が再婚という時代です。子連れ再婚も確実に増えていますが、養父による悲しい虐待事件が後を絶ちませんよね。

確かに、子連れ再婚で親子ともども幸せになることは、普通の再婚よりハードルが高いです。それでも、実際に幸せな再婚をしている人もいます。

シングルマザーが婚活するにあたって、子どもを幸せにするために絶対守りたいルールを7つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

子どもを幸せにするために守りたい7つのルール

心の傷

相手選びには一切の妥協をしない!「いい人がいなければあきらめる」覚悟をもつ

普通の婚活では、適度なところで「妥協」することが大切なのですが、シングルマザーの場合は少し違います。

年収や仕事、長男か次男かなどについては妥協してもかまいませんが、「人格」に関しては一切の妥協をしないくらいでちょうどいいです。

人間も動物ですから、本来なら自分以外のオスの子どもは、本能的に排除したくなっても不思議ではありません。そんな葛藤を理性で乗り越えて、母子ともに大切にしてくれる器の広さや男気は、シングルマザーの婚活で何よりも重視すべきポイントです。

「この人!」と思える人がいないなら、しばらくは一人でもいいという覚悟をもって婚活しましょう。

出会い→交際→結婚まで、しっかりと手順を踏む

幸せな再婚をするためには、きちんとステップを踏んで関係を深めていくことも大切です。

一番ダメなのは、飲み屋で出会って、すぐに体の関係をもって、男性がダラダラと家に入り浸るようになる…というようなパターン。ケジメも何もなく、「気づいたら一緒に住んでいました!」みたいな関係は、子供にとっても本当に良くないです。

まずは何度か2人でデートを重ねて、相手の人柄をしっかり見きわめてから子どもに会わせましょう。子どもと男性が会うことは、一大イベントであるべきです。

子どもが最優先。子どもとの時間を犠牲にしすぎない

シングルマザーの婚活では、時には子どもを実家や託児所などに預けて、男性とデートをしなければいけないこともあります。しっかりと強い意志をもって婚活するなら、それは悪いことでも何でもありません。

ただし、生活のすべてが婚活優先・男性優先になってしまうのはNG。生活の核は「子どもとの暮らし」であり、婚活はそれに付随するものであるべきです。

デートの予定も、男性が指定する日時に全面的に合わせるのではなく、子どもの都合を第一に考えて決めましょう。「優先順位の1番は子ども」であることを、相手にわかってもらうことはとても大切です。

まともな男性であれば、子どもを優先することに対して理解を示してくれるでしょう。

「子ども好き」という言葉を信用せず、行動だけをしっかり見る

「俺、子ども好きだから大丈夫!」という言葉を信用しすぎてはいけません。言葉なら何とでも言えます。大事なのは行動です!

男性と子どもを何度か会わせる中で、彼が子どもに対してどのように接しているかを常に観察しましょう。少しでも子どもを邪険にするような態度をとったり、力で支配しようとしたりする素振りを見せたら、より慎重に関係を考える必要があります。

また、優しいことは大切ですが、無責任な優しさしかない男性より、子どもが本当にいけないことをした時にはきちんと理性で叱れる男性のほうが、再婚相手としてふさわしいです。ぜひそのあたりの態度も、しっかりと観察してください。

子連れ同士の再婚の場合、「相手の子には自分の子より優しくする」

シングルマザーの方には、実は「子連れ同士の再婚」はとてもおすすめです。お互いに子どもがいたほうが、立場的に平等になりやすいからです。

また、自分の子に良くしてもらいたいので、そのために自分も相手の子を大切にしようと思えます。お互いに気を配り合いながら、良い関係が築ける可能性があるのです。

そんな子連れ同士の再婚の場合は、意識して相手の連れ子のほうに優しくするくらいでちょうどいいと思います。「平等に接する」だけだと、どうしても自分の子のほうに良くしてしまうのが普通だからです。

お互い、相手の連れ子のほうに目をかけることで、円満な家庭を築けるでしょう。

子どもにも「前のお父さんと比べない」という約束をさせる

子どもが既に物のわかる年齢になっている場合は、子どもにも家庭のルールを守らせる必要があります。

たとえば、「前のお父さんは〇〇してくれた」などと比べるようなことを言ったり、「あんたなんか本当のお父さんじゃない!」と悪態をついたりすることは、一人の人間としてマナー違反です。

子どもがまだ小さい場合は仕方ないのですが、新しい家庭をスタートさせる際に最低限のルールは決めて、子どもにもそれを守らせる努力をすることは必要だと思います。

子どもと2人きりの時間をもち、話を聞く機会をもうける

子どもにも家庭内のルールを守らせるべき、と書きましたが、もちろん子どものSOSは見逃してはいけません。もしかしたら自分の知らないところで、子どもがつらい思いをしている可能性もあるからです。

もし子どもの再婚相手への態度が良くなかったり、子どもの様子がおかしかったりする場合は、2人きりになってじっくり話を聞いてみてください。子どもは「お母さんに心配をかけたくない」とけなげに思うものですから、根気よく話を聞かないとなかなか本音を聞き出せないかもしれません。

特に何もなくても、母子の時間は定期的にもって、子どもが満ち足りて過ごしているか常に気を配ることが大切です。

子連れ再婚で幸せになるために、シングルマザーが選ぶべき男性の特徴

最後に、シングルマザーの再婚相手としてふさわしい男性の特徴を、いくつか挙げてみます。

きちんと働いている(専業主夫を除く)

病気で働けない場合や、夫婦で話し合って役割分担をする場合を除き、働いていない男性は原則ダメです。

女性の負担が増えるだけですし、いい歳をして家でゴロゴロしている大人の男が家にいる環境は、もちろん子どもにとっても良くありません。

家族や友人、同僚などと付き合いがある(社会的なつながり)

働くということは、外の世界とつながりを持つことでもあります。これは、常軌を逸した行動をとらないためにも、とても大事なことです。

職場関係だけではなく、自分の実家や友人との付き合いもそれなりにあるかどうかを確認しましょう。社会的なつながりを持っている男性は、そこまでおかしな行動をしにくいからです。

一方、家に引きこもるなどして、他人と一切の関わりを断っているような男性は、家の中で暴君になるなど「何でもアリ」になる危険性があります。

人によって態度を変えない

相手によって態度を変えるのは、DVをする人間によく見られる特徴です。「こいつにはマウントを取れる」と無意識のうちに判断しているということですので、とても危険なのです。

それを見きわめるためにも、デートしている時に「自分以外の人に対する彼の態度」を、しっかりとチェックしましょう。お店の人に横柄な態度をとるような男性なら、やめておいたほうが無難です。

責任感・男気がある

シングルマザーとの再婚がうまくいく男性は、決してナヨナヨとした優男ばかりではありません。中には、一昔前ふうの「俺がまとめて面倒みてやるぜ!」というタイプも多いです。たとえば、哀川翔さんがいい例ですね。

正直に言って、血のつながらない子どもを心から愛することは簡単ではありません。ただ、男性の場合は生来の「責任感」や「男気」で、その難しさをカバーできることがあります。

とはいえ、最近はそんな昔かたぎの男性も少なくなりました。現代の女性からは「エラそう」と思われて嫌われがちかもしれませんが、子連れ再婚をするなら、男気のある男性は意外とおすすめですよ!

もちろん、単に力で押さえつけるだけの男性はダメですので、「器の広さ」があるかどうかをしっかり見きわめましょう。

シングルマザーが安全に出会える場所

シングルマザーの方は初婚の方が婚活するような場所よりも、「シングルマザーであることをはじめから受け入れてくれている場所」で婚活をすることがおすすめです。

ましてやシングルマザーであることを隠して婚活するなんてもっての他ですので、はじめから理解のある人と出会うことが大切です。

1番手軽でお金がかからないのがマッチングアプリです。

マッチングアプリの中では、「マリッシュ」と「ユーブライド」がバツイチの方が多くシンママが最も婚活しやすいアプリとなっています。

バツイチ・再婚希望者おすすめの婚活アプリ バツイチ・子持ち・シンママ・シンパパ・再婚希望者におすすめの婚活マッチングアプリ3選!

またアプリ以外にもシンママOKの「婚活パーティー」や「結婚相談所」を利用するのも良いです。

手間がかかったり少しお金はかかりますが、特に結婚相談所では身元がしっかりしている方も多く、安全性を求めるならおすすめです。

シングルマザーに最適な出会いの場4選! シングルマザーに最適な出会いの場4選!