SNSは婚活に使える?リスクと出会いの可能性

SNSは婚活に使える?リスクと出会いの可能性

SHARE

「婚活マッチングアプリじゃなくて、普通のSNSで婚活はできないの?」

「SNSのほうが人数も多いし、色んな独身者と出会えていいのかも」

今はSNSの時代。2000年代のmixiブームに始まり、Twitter ・Facebook・Instagramなどなど、誰もが1つはSNSを楽しんでいると思います。

そんなSNSは、もちろん婚活に使うことも可能で、実際に婚活目的で利用している人たちも少なくありません。ただ、婚活専用というわけではありませんので、いくつかのデメリットもあります。

正しく使用するためにも、ここでSNS婚活のメリット・デメリットなどを知っておきましょう!

SNSで婚活するメリット

普通のSNSで婚活するメリットは、主に以下の3つです。

出会える人数が多い

SNSのいいところは、とにかく利用者数が多いことです。

婚活マッチングアプリの場合、婚活している人しか登録していませんから、どうしても利用者数は限られます。一番有名なマッチングアプリの「ペアーズ」でも累計1,000万人、婚活専用に限るとさらに少なく、1999年に誕生した「ユーブライド」でも累計186万人です。

一方、SNSはFacebookで2,600万人、Twitterで4,500万人、Instagramで3,300万人というデータがあります。しかもこれは月間のアクティブユーザー数ですので、実際の登録者はもっと多いはずです。

もちろん、その中で結婚相手を探している人はほんの一部ではありますが、婚活市場に出てきていない人も含めて、幅広い独身者との出会いが期待できる点はSNSのメリットです。

同じ趣味の人と自然に出会える

SNSは、趣味でつながれる点が大きな魅力です。

SNSによっては、同じ趣味をもつ人同士が集まれるコミュニティ機能がありますし、それがなくてもキーワード検索で趣味仲間を簡単に検索することができます。そこからつながりが生まれれば、いずれオフ会で自然に会うことができ、普通の恋愛と同じようにスタートできる可能性もゼロではありません。

特にマニアックな趣味であればあるほど、仲間同士のつながりは強いかもしれませんね。

お金がかからない

有名どころのSNSは、基本的に無料で利用可能です。

より機能の拡張された有料オプションを用意するところもあるかもしれませんが、普通に使う分には1円もお金を払わずに済みます。

婚活マッチングアプリにしても婚活パーティーにしても、数千円の出費は必要ですし、結婚相談所にいたっては初期費用だけで10万円以上かかるところが多いです。それを考えると、SNSで結婚相手と出会えるならラッキーですよね。

SNSで婚活するデメリット・リスク

デメリット・リスク

一方、SNS婚活にはいくつかのデメリットやリスクもあります。

効率が良いとはいえない

当然ですが、普通のSNSには婚活している人ばかりいるわけではありませんので、効率は必ずしも良いとはいえません。

婚活中の人を探すことはできますが、そうやって絞り込むとかなり数は限られてくるでしょう。また、みんながみんな婚活中であることをSNSで公言しているとは限りません。

さらに、趣味のグループで仲良くなった場合、そこで婚活モードになってしまうと、他の仲間から冷たい目で見られてしまうこともあります。そういったリスクも考える必要がありそうです。

特に結婚を急いでいる方は、婚活専用のサービスも併用したほうがいいですね。

\今人気の婚活アプリはこちら/

婚活アプリランキングを見る

友達や知人にバレやすい

SNSでは、リアルの友達や知人とつながっている人が多いと思いますので、そこで婚活すると知人バレしやすい点もデメリットの1つです。

婚活専用のアカウント(婚活垢)を作るという方法もありますが、Facebookのように複数アカウントの作成を禁止しているSNSもあります。

バレないように婚活したい人がとるべき最適な婚活方法 バレないように婚活したい人がとるべき最適な婚活方法

遊び目的や既婚者と出会うリスクも

SNS婚活で十分に気を付けたいのが、不誠実な人との出会いです。

特に女性は、遊び目的や既婚者の男性に引っかからないよう注意しましょう。普通のSNSには利用制限が特にないため、どんな人でもいます。独身をよそおった既婚者もいるでしょうし、真剣に婚活している女性をカモにするヤリモク男性も紛れ込んでいる可能性があるのです。

また、婚活マッチングアプリと違って身分証明書を使った年齢確認もありませんから、18歳未満と出会うリスクもあります。最近は「パパ活女子」も増えていますので、特に男性は要注意です!

婚活アプリに潜むヤリモク男性の見分け方! 婚活マッチングアプリに潜むヤリモク男性の見分け方! 婚活アプリに潜む既婚者の見分け方! 婚活マッチングアプリにいる既婚者を見分ける5つの方法!

SNS婚活が向いている人・向いていない人

以上のメリット・デメリットを踏まえ、SNSでの婚活が向いている人と向いていない人を考えてみました。

向いている人

Good!
  • 同じ趣味の人と出会いたい人
  • SNSを楽しみながら自然な流れで出会いたい人
  • 他の同性と比較される婚活が苦手な人
  • まだ20代で結婚をあせっていない人
  • なるべくお金をかけずに出会いたい人

SNS婚活は効率が良いとはいえないため、年齢的にまだ結婚をそれほどあせっていない方に向いています。

また、外見やスペックに難があるなどして、婚活マッチングアプリではなかなか選ばれない人にも、趣味を通して自然に仲良くなれるSNSは向いているかもしれません。

向いていない人

Bad!
  • 年齢的に結婚をあせっている人
  • 安全性を重視する人
  • 友人・知人に知られずに婚活したい人
  • 条件で相手を探したい人
  • 最初から結婚の意思がある相手とだけ出会いたい人

効率重視でいくなら、やはり婚活専用のサービスを使ったほうが確実です。30歳以上の女性など、少しでも早く結婚したい人は、少なくとも別の婚活方法も必ず併用しましょう。

また、婚活マッチングアプリは条件を設定してサクサク検索できる点も魅力です。普通のSNSでは、年収や婚姻歴などのくわしい情報を最初から知るのは難しいため、条件でどんどん絞り込む婚活がしたい方には向いていないと思われます。

口コミや評判から考える、SNS別おすすめの婚活方法

口コミ

SNS婚活にはデメリットもありますが、基本的に婚活は複数の方法を組み合わせたほうが出会いのチャンスが増えて、成功率が上がりますので、SNSを取り入れてみることは悪くありません。

それでは、実際にSNSを使ってどのように婚活するのがもっとも効率的なのか、実際の口コミを参考にご紹介します。

Facebook婚活の方法

Facebookで婚活する方法は、大きく分けて2つ。1つは、友達募集や婚活のグループ、または興味のあるコミュニティに参加して出会いを求めること。もう1つは、気になる異性に友達申請して、直接仲良くなることです。

口コミを見ますと、意外と友達申請パターンが多いことに気づきます。ただ、何の共通点もない相手にいきなり申請しても断られる可能性が高いため、共通の友人がいる相手を選んだほうがいいようです。

もしくは、昔の同級生や同僚など、過去に接点のあった人をねらうのもいいと思います。

Twitter婚活の方法

ツイッターでは、最近「ツイッター婚活」が流行っています。ハッシュタグを付けて「#Twitter婚活」と検索すれば、婚活している人のプロフィールがズラリと出てきますよ。

他にも、「#婚活垢」で検索すると、婚活専用アカウントが多数ヒットします。そのように婚活中の人を探して、気になる人はどんどんフォローしたり、ツイートにコメントしたりして親しくなりましょう。

少し遠回りにはなりますが、もちろん趣味などでつながって仲良くなるのも1つの方法です。中には、ツイキャスを通して出会ったカップルもいます。

Instagram婚活の方法

インスタグラムは、基本的に画像を投稿するだけのアプリではありますが、最近は「インスタ婚」をするカップルも出てきているようです。

コミュニティのような機能も特にないため、婚活するとすればTwitterと同じくフォロワーになったり、投稿に「いいね」やコメントを付けたりするしかありません。最終的にはDMで連絡先を交換する、ということになるでしょう。

実際、そのような流れで交際や結婚まで行き着いているカップルもいますので、インスタ婚活も意外とあなどれません!

ちなみに、お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司さんは、インスタで出会った一般女性と結婚されています。

アプリに限らず男女の出会いの場はたくさんありますので、周りに出会いがないか再検討してみるとよいでしょう!

出会い2 出会いがない社会人必見!4200人に聞いた男女の出会いの場TOP10!